賢威ではデフォルトでカテゴリーページやタグページをカスタマイズできる機能があります。今回はその紹介。

はじめに

こちらの記事ではオープンソースのブログソフトウェアのWordPressとSEOテンプレートの賢威を使用していることを前提に解説をしていますのでご注意ください。



カテゴリータグページのカスタマイズについて

記事数が増えてきてよく分からないのでカテゴリーやタグを少しずついじっているんですが、先日ある賢威のある機能に気づきました。

賢威ではデフォルトでカテゴリーページやタグページのカスタマイズができるようになっているのです。結構長く賢威使ってるけど気づかなかった。

カテゴリーページに特になんの説明も付け加えていない状態です。

記事一覧という項目のすぐしたに記事がきています。しかしカテゴリーによっては、どんなカテゴリーなのか補足説明したい場合もあります。

別のテンプレートを使っていた時はプラグインを使ってたんですが不具合を起こすことがあったので外していました。

賢威ではないテンプレートのカテゴリー登録ページ

賢威ではないテンプレートのカテゴリーやタグの登録ページはこんな感じです。カテゴリー名とスラッグ、親指定の他は特に設定できることはありません。

賢威のカテゴリー登録ページ

賢威のカテゴリーやタグの登録ページはこんな感じです。カテゴリーやタグの紹介ページも普通のブログ記事と同じ感覚で作成することができます。

カテゴリーページをカスタマイズしてみる

試しに旅行カテゴリーの大阪旅行のカテゴリーページを作ってみました。記事一覧という項目の下に紹介欄が挿入され、その下にカテゴリーの記事が並ぶことになります。

画像の下に普通のブログ記事と同じように文字を書けるのでこのカテゴリーについての解説を書くことができます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。