ダイソン V6 マットレス

最近布団で寝ると目がかゆくて困っています。昼間に窓を開けているため布団に花粉がついているんだと思います。対策を考えたところダイソンのV6マットレスという掃除機がちょうどよさそうなので買ってみました。

スポンサードリンク

ダイソンDC61とV6マットレスの違いは?

売り場に行って気づいたのですがよく似た形のモデルが2つありました。一つはダイソンDC61でもう一つは僕が買ったダイソンV6マットレスです。V6マットレス(下の緑の方)はDC61(下の紫の方)の後継機に当たります。

DYSON DC61motorhead DC61MH
↑DYSON DC61motorhead DC61MH(2013年発売モデル)

Dyson V6 Mattress HH08COM(ニッケル/ホワイト・ティール) ダイソン ハンディ&布団クリーナー サイクロン式 掃除機
↑Dyson V6 Mattress HH08COM(2015年発売モデル)

V6マットレスはDC61の後継機ですがモーターやサイクロンの基本性能はDC61と同じだそうです。では何が違うのかというとフィルターです。DC61とV6マットレスを比較するとV6マットレスの後部には緑色の筒状のフィルターが搭載されていることがわかります。

ポストモーターフィルターと呼ばれるこの部分により0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上捕らえ、CMでおなじみの「コード掃除機よりも多くのゴミを吸い取り、部屋の空気よりも綺麗な空気を排出します」ということが可能になるそうです。

スギ花粉の大きさは20μm~40μm(ミクロン)で、ヒノキ花粉の大きさは30μm~40μm(ミクロン)、西日本に住んでると気になるPM2.5は2.5μm(ミクロン)らしいので0.3ミクロンの粒子を吸い取ってくれるV6マットレスなら問題なさそうです。

上にも書きましたが基本性能はどちらも変わらないのでアレルギーのことを考えないなら旧型のダイソンDC61でいいと思います。値段も8~9千円ほど安いです。V6マットレス付属品に延長ホースがついているんですがこれが車の掃除とかベッドわきの隙間の掃除にかなり便利です。狭い隙間にも使いたい人はV6マットレスがおすすめです。

ダイソンV6マットレスを開封

ダイソン V6 マットレス

意外とコンパクトな箱です。

ダイソン V6 マットレス

20160301_04

白と緑の配色が目を引きます。ファミマかよ。日本の家電にはないセンスです。手元の赤いボタンを押すと起動します。透明な容器の赤いボタンを1回押すと底のふたが開き、2回押すと透明な容器ごと外れます。

ダイソン V6 マットレス

底から見たところ。

ダイソン V6 マットレス

ダイソン V6 マットレス

容器の底はゴムパッキンで密閉されていてチリやホコリを逃さない構造です。密閉度の向上もDC61からの変更点です。

ダイソン V6 マットレス

付属品一覧

ダイソン V6 マットレス

マットレス用のノズル。

ダイソン V6 マットレス

部屋の隅や車の車内で大活躍のブラシ。2段階の調節ができます。

ダイソン V6 マットレス

ふかふかした布団などに使うノズル。

ダイソン V6 マットレス

ダイソン V6 マットレス

透明な容器を外したところ。

ダイソン V6 マットレス

ダイソン V6 マットレス

ダイソンV6マットレスの特徴である「ポストモーターフィルター」

ダイソン V6 マットレス

ダイソン V6 マットレス

指で引っ張ると中のフィルターが出てきます。こちらもフィルター部分にはゴムパッキンがついています。フィルターは単体でも売っています。

ダイソンV6マットレスのいいところと残念なところ

いいところ

・軽い
軽いのでエアコン回りを掃除するのもやりやすいです。購入するとき軽さはあまり考えていなかったんですが本体が小さく軽いとかなり掃除しやすいですね。家電量販店のテストとかだと周りに物がないですが家は物がいろいろあるので機動性は結構重要だと思いました。

・付属の延長ホースがすごく便利
車の掃除やパソコンの裏側など狭いところを掃除するのに便利です。布団用に買ったはずなんですがこのホースのおかげで用途が広がりました。延長ホースはV6マットレスには付属しますがDC61には付属しないので注意が必要です。

・素晴らしい吸引力
当たり前ですが昔使ってた数千円のハンディクリーナーとは雲泥の差です。

・音が静か
窓を閉めていれば夜使っても問題ないレベルだと思います。

残念なところ

・持続時間が短い
3時間半充電で20分の使用が可能です。20分って結構長いかなと思っていたんですがこまごまとしたところを吸っているとすぐに時間切れになります。切れるときは徐々に力が弱まるのではなくいきなりブツッと終了します。階段の途中でいきなり電池切れし困りました。

・電池交換が必要
V6のバッテリーは充電可能回数約500回でバッテリー交換の場合はダイソンのサービスセンターで交換してもらう必要があります。価格は8,640円+送料540円の合計9,180円。試用期間が2年を想定しているようですので安い買いものではないですね。

・充電中は使用できない
充電中ちょっと机のまわりのホコリを吸おうと思ってトリガーを引いたら無反応でした。充電時間3時間半というのは結構長いので掃除の途中で電池切れすると掃除が止まってしまいストレスですね。

ダイソンV6マットレスで布団を掃除してみた

ダイソン V6 マットレス

布団を干した後よく叩いてダイソンを使ってみました。かなりしっかり叩いたはずなのにホコリのほかに謎の白い粉がいっぱい。なんだろこれ。花粉とか黄砂なんでしょうか。

2016.03.13追記
謎の白い粉の正体がわかりました。

まとめ

レイコップとどっちを買うのか迷ったのですが、殺菌ライトの効果に疑問があるのと布団以外にも使用したいという理由でダイソンにしました。結果部屋の細かいところや車の掃除に大活躍しているので良かったです。電池がもう少し長く持てば100点なんですけどね。

2016.03.22追記
電池がもう少し持てばいいのにと上には書きましたがちょっと訂正。購入したばかりのときは家じゅうを掃除して回ったので充電がすぐに切れるのが不満でしたが、一通り家の掃除が終わって日常的に使う分には使用時間が20分というのは気にならなくなりました。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。