高校野球を題材にした漫画というのは今も昔も大人気のジャンルだ。作品数も他のスポーツよりかなり多く差別化が難しいジャンルだが、その中でも異彩を放つ「バトルスタディーズ」。実在した野球強豪校PL学園(作中ではDL学園)を舞台にしたリアルすぎる高校野球漫画だ。

スポンサードリンク

全体の感想 伝説になってしまった野球強豪校PL学園

すでに廃部になってしまったが、プロ野球ファン、高校野球ファンにとってPL学園というのは忘れられない存在だと思う。高校野球大激戦区の大阪を代表する甲子園常連校で数多くのプロ野球選手を輩出、そして一度聞いたら忘れない奇妙な名前。伝説の試合の数々。

そのPL野球部に在籍した人が書いた野球漫画となれば読まずにはいられない。むしろなぜPL野球部から漫画家になったのかの方が気になるが。

PL学園のPLとは「Perfect Liberty パーフェクトリバティ」の略で大阪府富田林市にある宗教団体。羽曳野丘陵の白い魔界の塔のような施設のふもとにある。8月には教祖祭PL花火芸術という日本屈指の大きな花火大会が行われることでも知られる)

野球漫画はいろんな切り口があると思う。たとえばあだち充のタッチは高校野球を題材にしているが基本はラブコメだ。バトルスタディーズは野球部とそこに関わる人々そのものを描くことにウェイトを置いた作品だ。

自分自身は野球は全くできないが、自営業なので高校野球の季節はだいたい仕事場のテレビでは甲子園が写ってるしプロ野球もカープの試合がやってるときは大体みている。でもバトルスタディーズを読んで気づいたのは彼ら高校球児やプロ野球選手がどんな環境で生み出された存在なのかよく知らないということだ。この漫画ではそれを垣間見ることができる。

漠然と強豪校なんだからいっぱい練習しているんだろうな程度の認識しかなかった。もちろん学校によって違いはあるだろうがバトルスタディーズで描かれる強豪校の野球部の日常生活は想像以上にエグイ

PL学園野球部が廃部に追い込まれたのは暴力事件が原因だが、作中でも時代の変化とともに厳しすぎる指導方法の方向転換や後輩との接し方に悩む先輩の姿が描かれているのが印象的だ。おそらくバトルスタディーズはいろんな世代のPL野球部のエピソードが混在している気がするが作者が在籍したときは世間的にも体罰がかなりうるさくなってきていた時代なのだと思う。

主人公の影が薄いのも特徴的な漫画だ。普通の野球漫画の主人公だと弱小校に入って強豪校を倒すのが目標とかわかりやすいキャラ付けをする。しかし主人公の狩野笑太郎は純粋にDL野球に憧れ、中学での野球の実績もバリバリの野球エリートだ。あまりこの人自身からはドラマが発生しなさそうな主人公である。

実際読んでいると野球部という組織を中心に話が展開するため(周りの人間ほうがキャラが濃い)、やはりこの漫画の主人公は野球部そのものなのだと思う。

野球的な知識の解説も多く、野球に詳しくない人でも楽しめる。自分のように野球を何となく見ていただけの人間にとっても知らないことが多く勉強になる。WBC、春の選抜、プロ野球開幕と野球のシーズンが始まるので読んでおきたい漫画だ。

バトルスタディーズ1巻のあらすじと感想(ネタバレ含)

バトルスタディーズ1巻のあらすじ

中学一年の時に見た「横羽間高校 VS DL学園の延長17回の死闘」をきっかけに大阪の野球強豪校DL学園を目指す狩野笑太郎。勉強そっちのけで1日7時間の猛練習の末憧れのDL学園野球部への入学を決める。DL野球部には1学年18人しか入部できないが、そこには檜研志をはじめとする野球エリート達が全国から集められていた。

一年に2回しか家に帰れない全寮制、まるで軍隊のような縦社会の野球部、DL学園野球部の黒い噂におびえて初日から逃亡する仲間、中学時代とはレベルの違う練習内容、先輩たちの練習試合など通してDL野球とは何なのかが描かれる。

バトルスタディーズ1巻の感想

強豪校を目指す中学生がどんな生活を送っているのか、から描かれる漫画も珍しいと思う。PL学園(作中ではDL学園)に1学年18人しかいないというのも知らなかった。アルプススタンドにたくさんいたイメージがあるからもっといるのかと思っていた。

そして1巻からいきなりのバーター入学の同級生、丸井の逃亡である。バーター入学というのも聞いたことがなかったが強豪校では普通なのだろうか。バーター入学とは有力選手を入部させる代わりにイマイチな選手もセットで入部させてほしいという強豪野球部とシニアリーグなどのチームの約束だ。強豪野球部は有力選手が手に入るし、シニアリーグなどのチームも強豪野球部へ輩出したということで才能ある子供が集まるというメリットがあるという。

後半DL野球部の練習試合が始まるが解説が細かくて楽しい。プロ野球の解説などではプレーがどんどん流れるため細かすぎる解説はあまりないがさすがに漫画はこういうウンチクネタを紹介するのに向いている。技術書などと違ってストーリーの中で解説されるのでわかりやすい。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。