20160223_01

広島県の福山市神辺~岡山県の浅口市鴨方と大阪の梅田・なんば間を走るカブトガニ号という高速バスがあります。いつもは岡山大阪間の移動には新幹線を使っているのですが、去年の夏大阪に行ったとき混むのが嫌なのと岡山駅で新幹線への乗り換えが面倒なので高速バスを使ってみました。

スポンサードリンク

カブトガニ号について

カブトガニ号は株式会社中国バスが運営する高速バスです。

【公式サイト】高速乗り合いバスカブトガニ号

20160223_02

Pのマークがあるところは駐車場があるところです。2016年の1月31日で青木東・小田西・新山バス停が廃止になっているのでご注意ください。

カブトガニ号の乗車は事前予約が必要です。高速バスドットコムから予約可能です。

カブトガニ号(高速バス)のメリット・デメリット

高速バスのメリット

  • 安い
    仮に笠岡から乗った場合岡山大阪なんば間の往復で6,500円です(片道3,250円)。新幹線で行く場合、笠岡→福山乗換でなんばに言った場合15,640円(片道7,820円)、笠岡→岡山乗換でなんばに行った場合13,440円(片道6,720円)かかります。

  • 乗り換えがない
    安い代わりに高速バスは時間が約4時間かかります(新幹線を利用した場合は約2時間)。ただし乗り換えがないためただ乗っていればよく寝てるか本を読んでるうちについてしまいます。梅田かなんばのOCAT(オーキャット)におろしてくれるので遊びにいくのにも最適です。

  • OCATは大阪のなんばにある高速バスの駅みたいなところです。大阪の中心地ですので観光でも仕事でもアクセスに非常に便利です。

  • だいたい空いてる
    年に何回か乗っていますが平日休日関係なく空いています。多い時でも10人くらい。倉敷駅北口から出ているリョービエクスプレスにも乗ることがありますがこっちも空いています。リョービエクスプレスは大阪から帰ってくるときは結構混んでいるんですがカブトガニ号は帰りも空いてます。時間かかってもいいのでまったり行きたい人におすすめです。

    2016年の8月にOCAT発18:15の便に乗ったのですが自分含めて2人しかいなかったです。ただ知り合いによるとお盆やお正月など帰省の時期はさすがに混むらしいです。

  • 車内にトイレがついてる
    吉備SAと三木SAでトイレ休憩があるんですがトイレが近いんでこれは個人的にすごく大事。ないとドキドキする。

20160223_03
毎回こんな感じです。大丈夫なんでしょうか

20160223_04
横に誰も来ないのでほぼ個室状態(前にも後ろにも誰もいません)大丈夫なんでしょうか

20160223_05
トイレも完備

20160223_06
2席占領しても大丈夫。

高速バスのデメリット

  • 遅れることがある
    去年何回か乗ったのですが1回30分ほど渋滞で遅れました。大阪から岡山へ帰る途中だったので特に困りませんでしたが、あまりシビアにスケジュールを組むと対応できなくなる恐れがあります。

  • 時間がかかる
    前述のとおりですが岡山大阪間だと時間が新幹線の2倍かかります。

まとめ

一度乗ってしまえば乗り換えなくなんばまで乗せていってくれるという気軽さがすごく気に入りました。今年も何回か乗ると思います。ゴールデンウィークのような大型連休はさすがに混むかもしれませんが普通の休みとかだと空いているのがいいですね。バスの2人席で隣に知らない人座ると気を使うんですよね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。