20160223_08

倉敷・岡山から東京へ深夜バスで移動することがあるのですが長時間の乗車のためいろいろと対策が必要になります。いつも用意している便利グッズを紹介します。画像は倉敷駅北口から出発する中国ジェイアールバスです。

夜行バス・高速バスのおすすめアイテム

  • マスク
  • アイマスク
  • ネックピロー
  • 耳栓
  • 羽織るもの、アームカバー
  • 座布団
  • 睡眠導入剤、睡眠系のサプリ

マスク

車内はエアコンがかなりきつめにかかっているので喉が弱い人はマスクをしていないと翌朝ガラガラになります。また近くに明らかに風邪気味の人が座ったりすることもあるので自衛のために必ず持っていきます。女性の方は寝顔隠し用にマスクをしている方も多いです。

アイマスク

消灯後にスマホをいじってるような人間が視界にいると結構気になるので念のため持ち込んでいます。こちらも女性が寝顔隠しにしていることが多いです。

ネックピロー

ottostyle.jp トラベルエアーネックピロー グレー 洗えるカバー付き

上の画像のような首用マクラのことです。かさばるので持ち運ぶのは邪魔ですがこれがあるとないとでは寝つきの良さと翌朝の疲れ具合が全く違います

空気を入れて膨らませるタイプの物もありますが意外とよく穴があくのであまりおススメじゃないです。あと100均にある奴は小さいので絶対に買わないほうがいいです(男性は特に)

ネックピローはドライブや新幹線・電車移動なんでも使えるのでしっかりしたものを1個持っておくと重宝します。

Amazonだとちょっと変わったJ型ネックピローが非常によく売れています。

最近はこういった軽量タイプのネックピローも人気です。

深夜バスには足置きがついているのでフットレストはいらないです。飛行機や新幹線用ですね。

耳栓

近くにひそひそ声でしゃべってる人がいると寝れないのでこれも必需品です。

羽織るもの、アームカバー

乗るバスによりますが経験上夏でも冬でも寒い車両が多いので体温調節ができるものがあるといいです(どっちかといえば夏寒いバスが多いです。寝れません)

座布団

これは100均の空気で膨らませるタイプでもいいと思います。いつも使い捨てのつもりで買っていきます。座席が小さいので大きいものは置けません。これがあると翌朝の腰が楽です。お尻じゃなくて腰のあたりに入れるのもおススメです。

睡眠導入剤、睡眠系のサプリ

深夜バスの座席は完全には倒れないので微妙に体を曲げた状態で寝ることになります。慣れていても寝にくいので今日はなんか寝付けないなと思ったらさっさと飲んでしまいます。

ただ睡眠導入剤は結構体にくるので喉がカラカラになったり翌日がだるかったりします。体調に不安がある人は休息サプリなどのほうがいいかもしれません。



念のためにあるといいもの

  • 頭痛薬
  • 腹痛の薬

頭痛薬

湿度が高いと頭痛になりやすいタイプの頭痛持ちなのですが、狭い車内に人がいっぱいいるとすぐ湿度が高くなってしまうので一応持っています。

腹痛の薬

胃腸が弱く、寒くてお腹を壊すと困るので念のため持ってます。

中国ジェイアールバスの車内の様子

20160223_09

前の方はカーテンで仕切られていて少し価格も高いです。座席の後ろについている灰色のボタンみたいなのは読書灯です。上の方に荷物入れがあります。

20160223_10

横から見たところです。小さな毛布がついてきます。

20160223_12

足元に足置きがあります。

20160223_11

1階から2階への階段を2階から撮影。トイレは一階にあります。

冬は窓際の席は止めましょう。寒いです。階段付近も人の動きが気になって寝れないことが多いので避けたほうがいいです。

深夜バス(高速バス)に持ち込む荷物の注意点

2階建ての深夜バスの場合、荷物置き場が頭上の荷物入れしかないのですがこれがものすごく小さいです。男性が良く持っている小さめのボディバックくらいしか入りません。女性のトートバックなんかはほぼ無理です。

じゃあ足元に置いておけばいいのかというと足元に置くと足が延ばせないので抱きかかえて寝ることになります。そうなるとまず寝れません。なのであらかじめトランクルームへ入れる荷物と車内に持ち込む荷物を分けて荷造りする必要があります

トランクルームへの荷物はバスの混み具合によって大きな荷物を受け入れてくれる場合と拒否される場合があります。空いていれば結構大きい荷物でも好意でのせてくれたりしますが、混んでると無理なので事前に大丈夫かどうか問い合わせておくのが確実です。

JAMJAMLINERの車内の様子

岡山駅西口のANAクラウンプラザホテル岡山前の高速バス停から出発する深夜バスJAMJAMLINERにも乗ってみました。こちらは1階建てなので倉敷駅から出るJRバスよりも多少圧迫感はないかもしれません。

20160223_14
1階建ての車体。

20160223_15
一階建てなので圧迫感はあまりないです。走り出すと上からスクリーンカーテンを下すため横の人が気にならないのはうれしいですね。左側に見えるボックスみたいなのはトイレです。

20160223_16
使い捨てのアイマスクとスリッパが標準装備です。新しいバスなのか車内が綺麗でした。

倉敷・岡山と東京間の深夜バスは人気なのでいつのってもほぼ満席ですね。長期休みなどの場合はかなり前から予約しておかないと乗れないので予約開始時期を見逃さないように旅行サイトをこまめにチェックしましょう。

JAMJAMLINERは楽天トラベルから予約可能です。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。