SONYの公式サイトをみてたらRX100M6のページができてる!発売されるかと思っていた2017年には発売されませんでしたが、ついにRX100M6が発売されるようです。

RX100M6の発売予定日は2018年6月22日

>>SONYデジタルスチルカメラDSC-RX100M6

RX100M6の発売予定日は2018年6月22日で、先行予約は6月12日開始の予定です。

>>RX100からM6までの比較表の大きいサイズはこちら

比較用の表を作ったんですが字が潰れてしまったので大きいサイズは別ウインドウで開けるようにしました。

>>直近のM5とM6の比較表の大きいサイズはこちら

今使ってるM5とM6の比較です。M5よりさらに動画撮影に強くなった印象です。後はレンズの変更に伴いシリーズ史上最高に望遠に強くなっています

SONYのRX100からRX100M5に買い替えたので使った感想などを比較

気になったのはNDフィルターが無いみたいなんですがなんか他に代替機能があるんでしょうか?それとも使わなくてもいい機能なのかな。あとEye-Fi対応もなくなりました。

RX100M6の主な変更点

レンズが24-200mmの高倍率ズームに

RX100とM2が28-100mmと望遠に強かったんですが、M6は24-200mmとさらに高倍率になりました。その分F2.8-4.5と少し暗めになっているようです。

RX100とM5を比べるとRX100の方がレンズ的に望遠に強いはずなんですが、撮った写真を見てみるとM5の方が綺麗な気がするんですよね。画像処理エンジンなども違うので単純に比較はできませんが、トータルの性能で画質は進化していってるんだと思います。

タッチフォーカスとタッチパッド機能を搭載

個人的に一番気になるのがこれ。タッチフォーカスとタッチパッド機能は似たような機能を他のカメラで体験していてRX100シリーズにもあればいいのになあとずっと思っていましたがついに搭載されるようです。

僕のようなカメラ初心者には直感的でわかりやすくめちゃめちゃ便利な神機能です

高密度AF追従テクノロジー初搭載

M5のAFも爆速でしたが、M6はさらに早い世界最速となる0.03秒の高速AFだそうです。

M5から搭載されていたファストハイブリッドAF(25点コントラストAFと、315点像面位相差AFを併用)で広範囲・高精度のAFと世界最速の0.03秒の高速AFを実現。

あと高密度AF追従テクノロジーという機能がRX100シリーズで初搭載されています。これにより複雑な動きをする動体もとらえ続けることができます。

要するにRX100M6は静止画はもちろん動画のAFもすごいよ!ってことなんだと思います。

最高233枚までの連続撮影が可能に

M5に引き続きAF・AE追随 最高約24コマ/秒の高速連写が可能で、233枚(M5は150枚)までの連続撮影が可能になりました。こちらも動物やスポーツなど動体の撮影にかなり威力を発揮する機能です。

まとめ

正直Oculus Goを買ったばかりでお金ないのに余計な情報を目にしてしまったというのが率直な感想ですが、でもやっぱり気になる。タッチフォーカスとタッチパッド機能を搭載という見出しで完全にぐらついてしまった。

>>ようこそ仮想現実へ

いまはまだお金ないけど恒例のキャッシュバックキャンペーンが始まってしまったら自信ない。M5も全然使いこなせていないのにM6に手を出してしまう未来が見える。

SONY Cyber-shot DSC-RX100シリーズ紹介

>>比較表の大きいサイズはこちら

ここではRX100シリーズの各機の特徴を簡潔に紹介したいと思います。正直あとちょっと頑張れば上位モデルが買えるな、というような価格差で悩んでしまいますね。僕は最初M3を買うつもりでしたが気づいたらM5を買っていました。どうかしてたんだと思います。機能的には2018年現在でもM3で問題ありません。

2018年6月現在の価格(Amazon調べ)

  • RX100 :36,700円
  • RX100M2:49,230円
  • RX100M3:61,000円
  • RX100M4:81,000円
  • RX100M5:91,500円

RX100 M6の発売が発表されてM5の値段がジリジリ下がってきてますね。下がったとたんに売れていくので少し値が戻ってきました。

SONY Cyber-shot DSC-RX100

記念すべき初代RX100。発売から6年たった今でも人気のカメラです。僕もM5の前に使ってました。価格が約37,000というのも魅力。スマホのカメラじゃもの足りない!余計な機能はいらないから高画質コンデジが欲しい!という人におススメ。

SONY Cyber-shot DSC-RX100 M2

シリーズで唯一アクセサリーシューを搭載したM2。有効画素数、レンズ、AFスピード、連射速度、シャッタースピード、動画撮影(フルHD)は初代と変わらず。主な変更点はこちら。

  • アクセサリーシュー搭載
  • チルト式液晶モニターに変更
  • 裏面照射型センサーになり暗い場所での撮影に強くなる。
  • Wi-Fi対応

SONY Cyber-shot DSC-RX100 M3

RX100、M2と大きさがほとんど変わらないのにEVF(電子ビューファインダー)を実装。また液晶も自動可能な上180°に。M2からレンズ・画像処理エンジン変更。主な変更点はこちら。

  • EVF(電子ビューファインダー)内臓(144万ドット)
  • 上180°下45°のチルト液晶により自撮りが可能に
  • F1.8-2.8という明るいレンズに変更、より広角に望遠でも明るく撮れる仕様に
  • NDフィルター機能搭載
  • SDカードはより高速なUHS-Iに対応

SONY Cyber-shot DSC-RX100 M4

1.0型積層型COMOSセンサーを搭載しシャッター速度が1/2000秒から1/32000秒に大幅に早くなったM4。レンズに変更はなし。動画もフルHDから4K動画、さらに最大960fpsのハイフレームレート動画(スーパースローモーション)の撮影も可能に。主な変更点はこちら。

  • 裏面照射型CMOSセンサーから積層型CMOSセンサーに変更
  • シャッター速度が1/2000秒から1/32000秒に
  • 動画がフルHDから4K、ハイフレームレート動画対応に
  • EVFが144万ドットから235万ドットに

SONY Cyber-shot DSC-RX100 M5

AFが315点像面位相差AFセンサーに。画面全体をAFポイントでカバーできるようになりました。AF速度も0.05秒と高速です。AF・AE追従で最高約24コマ/秒の高速連写が可能に。

価格など知らん!もう行くところまでいくぞ、全力だ!という人におススメ。僕も勢いで買ってしまいましたが、後悔は一切ないです。それくらい素晴らしくて楽しいカメラです。

  • 315点像面位相差AFセンサーにより広いAFカバー範囲を実現
  • 世界最速0.05秒の高速AF
  • AF・AE追従で最高約24コマ/秒の高速連写が可能に

SONY Cyber-shot DSC-RX100 M6

2018年6月22日発売予定(予約は6月12日開始)です。M3からM5まで使用していたレンズから大幅に高倍率ズームが可能になったM6。他にもタッチフォーカスとタッチパッド機能、高密度AF追従テクノロジーなどシリーズ初となる機能も搭載し、より直感的で使いやすく動画撮影に強くなった印象。

  • レンズがシリーズ最大の24-200mmの高倍率ズームに(今まではRX100・M2の100mmが最大)
  • M5よりさらに速くなった世界最速0.03秒の高速AF
  • シリーズ初のタッチフォーカスとタッチパッド機能を搭載
  • 最高233枚までの連続撮影が可能に

>>RX100M6について詳しくはこちら

応募者全員5,000円キャッシュバックキャンペーン(6/8~7/29まで)

RX0とRX100M3を期間中に購入すると応募者全員5,000円キャッシュバックというキャンペーンをやっています。RX100シリーズの購入を検討されている方は対象がM3以降ではなく、M3のみという点に注意してください。

  • 期間:2018年6月8日(金)~2018年7月29日(日)
  • 【WEB申し込み手続き締切】:2018年8月20日(月)午前10時00分00秒
  • 【専用応募封筒締切】:2018年8月20日(月)当日消印有効

>>エンジョイ夏旅!プレミアムフォトキャンペーン【SONY公式】

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。