ずいぶん長い間オーブンレンジだけで済ましていたんですが、パンとかピザとか裏側もちゃんと焼きたいなあと思って普通のオーブンを買うことにしました。これで裏面もカリカリに焼ける!

オーブンレンジだと食パンの裏側が焼けない

普段は日立のスチームオーブンレンジを使っているんですが、レンジ室内にあるヒーターは上部に1本あるだけなので裏側を焼くことができません。

トーストで言うと、よく言えば表面がカリカリ、裏側がふっくらしています。でも好みは裏表カリカリ、中がふっくらなのでイマイチ物足りないのです。

オーブンレンジは温度設定をして焼けるまでが面倒くさいんですよ。温度設定をすると設定した温度まで室内温度を上昇させて、それから設定した時間焼いていきます。

でも温度上昇時に結構焼けてしまい、その後指定した時間焼こうとすると焦げてしまうことがあります。実際の焼きにかかる時間が分かりにくいのです。

前面窓が黒くて焼け具合が分かりにくいのもちょっと嫌なんですよ。パンとかスルメとかはサッと入れてさっと焼きたい。

今使っている日立 スチームオーブンレンジ ヘルシーシェフ 23L ホワイト MRO-RF6 W。2万円前後で買えますが結構いろいろな料理に使えるので重宝しています。でもオーブンの機能はもっとシンプルなのも欲しい。

日立のスチームオーブンレンジ ヘルシーシェフの最新版はこちら。

象印 オーブントースター温度調節機能 ET-WM22-RMの感想

10年以上ぶりにオーブン単体を買いました。使った感想としてはシンプルにものが焼けるのってやっぱりイイ

パンやピザだけでなくスルメや魚の干物なんかもあぶってみました。やっぱり焼くだけならオーブンのほうがいいですね。

オーブンの機能自体は各社あまり違いはないので購入の決め手は掃除のしやすさでした。後は上下にヒーターがあること。下にヒーターがないとパンの裏側が焼けないからね。

ET-WM22-RMは前面の扉だけでなく中のネットも取り外すことができます。くず受け皿もスライド式なので簡単に取り外せます。全面窓も透明なので焼け具合がよく分かる

開封

Amazonで買うときに黒いプレートも一緒に購入されていますと表示されますが、最初から1枚付いているので不要です。たれそうなものを焼いたりするのに重宝します。

中がドーム状になっているせいか奥の方が火力が強いです。

総菜パンなどを焼くと奥の方が先に焦げてきます。最初から温度を上げて使うと表面だけ焦げて中まで温まらないので、少し低温で焼いたあと高温で表面をカリッと焼くとおいしいです。

網は目が細かいのでソースとか垂れたら面倒くさそうに見えますが外して洗えるので心配ないと思います。

黒いプレートを置いたところ。

扉の外し方の説明。

前面の扉を外したところ。簡単に外れます。

スライド式のくず受け皿

ネットも外して全部外したところです。

2014年発売の商品なので現在は在庫限定品です。

現在はマイコン自動制御のオーブントースターが販売されています。

サブブログの方で紹介したセブンイレブンのブルーベリーブレッド。オーブンで焼くと表面がカリッと、中がしっとりモチモチに焼けてうまいです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。