kindle

Amazonのkindleの一番安いモデルを購入したのでその感想です。電子書籍リーダーというものを始めて買いましたが思ってたよりも快適です。

Amazon kindleの購入

kindleはスマートフォンのアプリもあるしkindle for PCというパソコン向けもあるので別にいらないと思っていたんですが、家電量販店で店頭展示品が格安で売ってたので思わず買ってしまいました。(なんと3千円)

Amazonのkindleには「kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Paperwhiteマンガモデル」「Kindle Voyage」「Kindle Oasis」の5種類が販売されています。今回購入したのは一番シンプルな「kindle」です。

kindleを使ってみた感想

Amazon kindleのいい点

  • ブルーライトじゃないので目に優しい
  • 軽い(ケースなしで200g切る。普通の文庫本1冊と同じくらい)
  • バッテリーが長持ち(つけっぱなしで放置しても数週間は問題なし)
  • ハイライトを引くのが簡単(指でなぞるだけ)

購入する際一番重視したのはこの軽さでした。スマホは軽いけど画面が小さいしタブレットは大きいけど重いしでどちらも持ち運んでの読書には向かないです。

電源ボタンを押すか、つけっぱなしにしておくと勝手にスクリーンセーバー画面になります。

スクリーンセーバーの画面でも電池はほとんど減らないのでそのまましまっておいてケースやカバーを開いてサッと読めます。これは思いのほか便利です。とにかく隙間時間でサッと出してサッとしまいたいので。

ハイライトを引くのが簡単と書きましたが少しコツがいります。文章をゆっくりとなぞり指を放して少しするとハイライトやメモを挿入するかのポップアップが出ます。

またすべての本にハイライトが引けるわけではないようです。なかには書籍をそのままスキャンしたような本もありますがそういった本はハイライトが引けません。

kindleのハイライトは専用サイトでハイライト部分だけをまとめてみることができるので読書メモやブログなどに引用したい時に便利です。

kindleの広告モデル

kindleには「キャンペーン情報付き」と「キャンペーン情報なし」の2モデルが販売されています。「キャンペーン情報なし」の方が2,000円高いです。「キャンペーン情報付き」モデルの場合最初のページの下の方に広告が出ます(赤枠部分)2ページ目以降は広告は出ません。

Amazon kindleのよくない点

  • 画面が暗い(家電量販店で見たときは気にならなかったが思ってたより暗い)
  • 動きが多少もたつく
  • カラーの本やサイズが大きい本を読むのには向かない
  • 容量が少ない

画面が暗いのは思った以上に気になりました。バスや電車など少し暗めの場所だと読みにくいと思います。

kindleとスマホの画面の明るさ比較

部屋の電気がついた状態でスマホと並べてみると明るさの違いが分かりにくいですが…

kindleとスマホの画面の明るさ比較

部屋の電気を消すと一目瞭然です。

白黒で解像度が低いのでカラーのページが多い本は読むのがつらいです。また専門書のような元が大きな本もkindleの小さな画面で読むのは厳しいです。

容量が少ない(約2ギガ)ので漫画もあまり数を入れられません。

漫画は50メガ位のが多く、キングダムのような巻数の多い漫画は全部は無理なので読みたい巻だけを入れて読むことになります。

購入した商品に関してはkindleのcloud上にデータがあるのでいつでもkindle端末にダウンロードできるのですが、正直その都度ダウンロードして読み終わったら端末から削除というのは面倒です。

結局のところすべてkindle端末に集約するということはなく、今までどおり紙の本、スマホアプリ、PC版ですみ分けて使っていくと思います。kindl端末に向いているのは容量の軽い小説や新書、ビジネス書などですね。

2016.5.22追記

kindleの暗さが我慢できずpaperwhite買っちゃいました。

kindleの暗さが我慢できないのでkindlePaperwhiteを買ってみた

2016.11.5追記

大容量にひかれてpaperwhiteのマンガ版を買ってみました。

kindle paperwhite マンガモデルの感想とレビュー ペーパーホワイトとは何だったのか

Amazonプライム会員ならkindleシリーズが4,000円OFFで買える

▼プライム会員について詳しくはこちら▼

Amazonのプライム会員になるとkindleシリーズやFireタブレットシリーズが4,000円OFFで買えるようになるクーポンがもらえます。前は年会費が3,900円のプランしかなかったんですが現在は月額400円のプランも登場してより入りやすくなりました。お試し期間が30日あるので気になる人はチェックしてみてください。退会はいつでも1クリックで可能です。主な会員特典は以下の通り。

無料の配送特典
Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用できます。
特別取扱商品の取扱手数料が無料
Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。
Prime Now
1時間以内またはご指定の2時間便で商品が届くサービスです。対象エリアのみ。
プライム・ビデオ
映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。
Prime Music
追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。
プライム・フォト
Amazon Driveに写真を容量無制限で利用可能。
Prime Reading
対象のKindle本(雑誌、マンガ、Kindle Singlesを含む)を追加料金なしの読み放題になります。
Amazonパントリー
食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービスです。
Dash Button
Dash Buttonを使用すると、お好みの商品を切らすことなく注文できます。
プライム会員限定先行タイムセール
タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。
Kindleオーナーライブラリーの利用
対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーが利用可(利用にはkindle端末が必要)
Amazonファミリー特典
おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典をご利用いただけます。

正直なんでこの値段(年会員だと月額325円)でサービスが継続可能なのか意味が分からないですね。僕もずっとお世話になっています。映画好きならプライムビデオを見るだけでも入る価値はありますよ。

kindle

一番シンプルなkindle。非常に軽く入門機に最適だが機能的にはあまりお勧めできない。

Kindle Paperwhite

kindleで読書を楽しみたいならPaperwhite以降を買うべき。Eインク採用で紙のように読みやすく長時間の読書でも疲れない。高解像度で小さな文字や漫画の細かい描写もクッキリ。

Kindle Paperwhiteマンガモデル

容量が少ないというPaperwhiteの弱点を補うべく登場したマンガモデル。Paperwhiteと2,000円しか違わないのに容量が8倍の32G、さらに快速ページターン機能などより高性能に。

Kindle Voyage

スワイプ不要で握りこむだけでページ移動が可能なKindle Voyage。環境にあった明るさに自動調節されより読書が快適に。

Kindle Oasis

kindleシリーズの最高位モデル。kindle初の防水機能搭載、画面も大きく見やすい7インチに。

Amazon Music UnlimitedまたはPrime Musicで音楽を聴いてAmazonギフト券10,000円分が当たる

音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」と「Prime Music」で、2018年7月31日(火) 23時59分(日本時間)まで参加可能な「Amazonギフト券10,000円分が当たるキャンペーン」を実施しています。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。