楽天デビットカードを解約しようと思ったんですが、なぜかどこにも解約ページが見つからない。実は楽天デビットカードに専用の解約ページは存在しません。今回は実際に解約したのでその手順を紹介します。

楽天デビットカードの解約方法

楽天デビットカードと楽天カードの両方を持っているのですが、デビットカードの方は全く使ってないので解約することにしました。ちなみに楽天デビットカードの年会費は1,029円です。

まず楽天銀行のマイページにログインし、「カード・ATM」をクリックします。

カードの画像下にある「盗難・紛失の場合」をクリックします。まずここがわかりにくいのですが、楽天デビットカードの解約を行う専用のページやフォームは存在しません。「盗難・紛失の場合」というページで受け付けています。

利用を停止するカードを選択します。2枚表示されているのは更新時期だからです。

赤枠で囲った部分に解約をする場合の記入事項が解説されています。

  • a.状況:その他
  • b.発生場所:その他
  • c.状況詳細:カードを停止する理由(今回は楽天カードを作ったためと記入)
  • d.発生日時:手続きをしている時間
  • e.警察への届出:届出未済

あとは緊急連作先を記入して次へ。

確認画面で記入内容を確認します。

これで手続き完了です。



楽天カードはキャッシュカードとして使えないので注意

楽天銀行カードなどクレジットカード一体型キャッシュカードを持っている人はいいのですが、楽天カードはキャッシュカードとしては使えないので楽天銀行キャッシュカード(年会費無料)を別に発行してもらう必要があります。

Q:楽天カードを持っています、楽天銀行のキャッシュカードとして使えますか?

A:楽天カードは、当行とは別会社の楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。このため、楽天銀行のキャッシュカードとしてはご利用いただけません。

ATMでの入出金の際は、当行で発行しておりますキャッシュカードをご利用くださいますようお願いいたします。なお、楽天銀行デビットカードはキャッシュカードとしてお使いいただけます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。