接点復活スプレー

最近ウォークマンのヘッドホンの音がおかしいのでイヤホンジャックを掃除してみました。KURE接点復活スプレーというのを使うと簡単に直ったので紹介します。

スポンサードリンク

ウォークマンの調子がおかしい

ソニーのウォークマンを愛用しているのですが、ウォーキング中車の運転中に音楽やオーディオブックを聞くことが多いです。

最近ウォーキングをさぼっていたのですが、久々に歩こうと思ってヘッドホンをつけたら何か音がおかしい。やけに音が響くし、歩くと左右の聞こえ方が違う。イヤホンジャックを左右にひねってみるとガリガリと音がする

車に乗るときはBluetooth接続で聞いているので気がつかなかったのですが、どうもイヤホンジャックが汚れているか接触不良を起こしているらしいということが分かりました。

ブロアーでホコリを飛ばしてみる

ブロアー

カメラのメンテナンス道具にブロアーというのがあります。丸い部分を握ると先端から空気がでてホコリを飛ばします。カメラのレンズやカメラの内部は繊細なのでエアダスターを使うと傷がつく恐れがあるためブロアーを使います。

ブロアーは家電量販店でも売っていますが100均でも売っています。画像のブロアーもDAISOのやつです。ブロアーでウォークマンのイヤホンジャックのホコリを飛ばして、イヤホンプラグをメガネ拭きで拭いてみたのですが変化なし

保証期間も過ぎているし、他に何かないかと調べてみるとKURE接点復活スプレーを使うとよいと書いてあったので買ってみました。

KURE接点復活スプレーを使ってみる

接点復活スプレー

近所のホームセンターで売っていなかったので楽天で買いました。店員さんに聞いてもどんな商品かよく分かってなかったけど普通は何のコーナーにあるんですかね?有名なKURE5-56のそばにはありませんでしたが。

接点復活スプレー注意書き

KURE接点復活スプレーは、スイッチ、リレー、配電盤、プリント配線回路、コンピューター、テレビ、コピー、ファックス、通信電話機器などの接点復活のための商品です。

商品説明には「ピンジャックに付着したカーボンや汚れなどを除去し、接点を復活させる。接点表面に形成された薄い皮膜は、通電状態を変えず、また、強い衝撃が加わっても復元するので、接点の腐食を防止する」とあります。

レビューを見ているとイヤホンジャックの他にギターのガリ音解消やバイクの電気系統、ゲームのコントローラー、懐中電灯、マウスなどの接続不良などいろんなものの接触不良に使えるようです。

綿棒

まずは綿棒に接点復活スプレーを吹き付けて掃除してみます。ちなみに最初に綿棒で掃除するとホコリを奥に押し込むことになるので、まずはブロアーなどでホコリを飛ばしましょう。

綿棒

元のままだと太くて入らないのである程度むしりとって吹き付けます。イヤホンプラグにも吹き付けて拭いてみました。結果なにも変わらず。多少良くなったかな?程度です。むむむ。

接点復活スプレー

イヤホンジャックに直接吹き付けようかと思ったんですがさすがに怖いのでやめました。再度イヤホンプラグに吹き付けて今度は全部はふき取らずに垂れてくる部分だけをティッシュに吸わせました。イヤホンプラグに接点復活スプレーの薄い膜を作るイメージです。

ウォークマンのイヤホンジャック

再度さしてみると…、今度はバッチリ聞こえる!楽器の細かい音もクリアに聞こえる!知らないうちにどんどんこもった音になっていたようです。そうだ、確かに買った時はこんな音だった。

僕はウォーキングに使っていて汗がつくこともあるのでダメージが早いのかもしれません。レビューを見ているとあんまりダメージがあると効果がないみたいなので、予防の意味で定期的にメンテナンスしたほうがいいみたいですね。

あと車に乗るときには操作の邪魔になるのでイヤホンを抜いているんですが、これもイヤホンジャックピアスなどでちゃんと保護したほうがいいみたいですね。イヤホンジャックピアスはディズニーなどかわいいものが多いですがシンプルなのもあります。

余談ですがKURE5-56にしてもKURE接点復活スプレーにしても量が多すぎるんですよね。小学校の頃自転車のチェーン用に買ったKURE5-56まだたっぷりあるんですよ。もうこれ以上小さい缶できないのかな?

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。