ユーグレナ 果実スムージー ミドリムシ 植物発酵エキス

ユーグレナの「果実スムージー ミドリムシ×植物発酵エキス」を購入してみました。以前紹介したユーグレナの「飲むミドリムシ乳酸菌」よりもフルーツがたっぷりでスムージーというよりジュース感覚でゴクゴク飲めます。

ユーグレナ 果実スムージー ミドリムシ×植物発酵エキスの感想

ユーグレナ 果実スムージー ミドリムシ 植物発酵エキス

石垣産ユーグレナ(ミドリムシ)2億5千万個と17種の国産野菜と果物の植物発酵エキスが入っています。

ユーグレナ(ミドリムシ)についてよく知らない人のために以前の記事を再掲します。

ユーグレナ 果実スムージー ミドリムシ 植物発酵エキスのユーグレナについての説明

ユーグレナは和名をミドリムシと言いますが虫ではありませんワカメや昆布と同じ藻の一種です。

ユーグレナには野菜のビタミン、ミネラル、魚の不飽和脂肪酸、肉や大豆のアミノ酸など健康に必要な59種類の栄養素(ビタミン類14種類、ミネラル9種類、アミノ酸18種類、不飽和脂肪酸11種類、その他7種類)が含まれているそうです。

体内では作れない必須アミノ酸9種類(バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、トリプトファン)がすべてすべて摂れるのもポイント。

野菜の栄養は外側が硬い細胞壁に覆われています。

だからこそスムージーなどではミキサーやジューサーですりつぶして細胞壁を破壊するのですが、ユーグレナには薄い細胞膜しかないため栄養素が吸収しやすいという特徴があります。

ユーグレナ 果実スムージー ミドリムシ 植物発酵エキスをコップに移したところ

280mlと量がたっぷりあるのでコップに移した量がすべてではないです。

まだ容器の中に1/4ほど残っています。

ユーグレナの飲むミドリムシ乳酸菌を飲んだ感想 臭くて甘い

以前紹介したユーグレナの「飲むミドリムシ乳酸菌」は特有の臭みのようなものがありましたが、「果実スムージー ミドリムシ 植物発酵エキス」はそういう臭みはなく普通のフルーツジュースのように飲みやすいです。

ユーグレナ 飲むミドリムシ乳酸菌 195g×15本

ユーグレナ 飲むミドリムシ乳酸菌 195g×15本

2,910円(12/18 11:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ユーグレナ 果実スムージー ミドリムシ 植物発酵エキスをコップに移したところ

パイナップルのような甘い匂いがするのですが、入っていません。

リンゴ、オレンジ、レモンあたりが混ざるとこんな匂いになるのかも知れません。

はちみつのような風味も感じますがそれも入っていません。おそらく黒砂糖の風味ですね。

味的には非常においしく、スムージーのようにドロドロしていないのでゴクゴク飲めます。

ユーグレナ 果実スムージー ミドリムシ×植物発酵エキスの成分表示

ユーグレナ 果実スムージー ミドリムシ 植物発酵エキスの成分表

原材料と成分表示
  • 名称
    99%混合果汁入り飲料
  • 内容
    280g
  • 原材料名
    果実(りんご、オレンジ、バナナ、レモン)、イソマルトオリゴ糖含有シラップ、ユーグレナグラシリス植物発酵エキス(黒砂糖、キャベツ、いちご、りんご、だいこん、トマト、ゆず、かき、キウイフルーツ、きゅうり、なす、こまつな、ほうれんそう、ピーマン、セルリー、にがうり、しそ、にんじん)/紅花色素、酸味料、香料、クチナシ色素、安定剤(増粘多糖類)
  • 成分分析表 栄養成分表示 280g当たり
    エネルギー:132kcal、たんぱく質:1.1g、脂質:0.4g、脂質:0g、炭水化物:31.9g、食塩相当量:0.02g
  • その他の情報
    アレルギー物質(りんご、オレンジ、バナナ、キウイフルーツ)

糖質量についての記載がないので炭水化物の量から推測するしかありませんが、糖質量は炭水化物から食物繊維をマイナスして計算するのでそのまま炭水化物の31.9gを糖質量と考えると結構ありますね。

フルーツジュースのようにおいしくゴクゴク飲めますが、ユーグレナ(ミドリムシ)を効率的に摂取したいという人は粉末タイプの方が余計なものが入っていない分体にはいいと思います。

【送料無料】栄養豊富なユーグレナ(ミドリムシ)入り新しい青汁「緑汁」お試し¥500

ユーグレナの緑汁(ミドリムシの青汁)を飲んだ感想 青汁との違いは?

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。