両親が便秘気味ということでプレゼント用に買ったものを少し飲んでみました。トクホの青汁ということで珍しいんですが不思議とネットで全く売ってるのを見かけないんですよね。僕はドラッグストアで購入しました。公式サイトすらないのはどうなんだろう?

ケール青汁 潤緑

ケール青汁 潤緑の特徴

  • 消費者庁許可 特定保健用食品
  • 農薬不使用栽培
  • 国産ケール使用

ケール青汁 潤緑の感想とレビュー

項目
水に溶けやすさ ★★★★☆
飲みやすさ ★★★★☆
安全性 ★★★☆☆
コスパ ★★★☆☆

  • 水に溶けやすさ
    多少ダマが残るもののサッと溶けます。
  • 飲みやすさ
    抹茶風味でほんのりと甘いので飲みやすいです。苦さは全くありません。
  • 安全性
    国産ケール使用としか書かれておらずその他が不明なため平均値にしています。
  • コスパ

    ドラッグストアで2,036円(21包)でした。1包あたり約97円なので平均的なコスパだと思います。

ケール青汁 潤緑の成分表示

名称
ケール加工食品
内容
4.3g×21包
1日摂取目安量
1日3袋(12.9g)が目安
原材料名
水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、ケール末、ショ糖、麦芽糖、緑茶末、スピルリナ末
成分分析表
熱量:11kcal、たんぱく質 0.2~0.3g、脂質:0~0.1g、糖質:1.4g、食物繊維:2.3g、ナトリウム:0.2~10mg、関与成分:難消化性デキストリン(食物繊維として) 1.7g
その他の情報
摂りすぎや体質・体調によってはお腹がはったりゆるくなる場合があります

難消化性デキストリンとは?

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補う目的で作られたデンプンの一種です。1日の摂取量上限を設ける必要がないほど安全な食品素材(アメリカFDA)で、日本でも厚生労働省許可のトクホ(特定保健用食品)として安全性が認められています

・糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)
・整腸作用
・脂肪の吸収スピードで遅延作用(食後中性脂肪の上昇抑制作用)
・内臓脂肪の低減作用
・ミネラルの吸収促進作用

難消化性デキストリンには上の5つの作用があります。興味のある方は引用元の大塚製薬のページを参照してみてください

ケールとは?

青汁でよく見かける原材料のケールですがキャベツなどのアブラナ科の原種の野菜です。βカロテン、ビタミンE,ビタミンCなど抗酸化作用の強い成分がたっぷり含まれているのが特徴です。他にも睡眠をサポートするメラトニンや眼を保護する働きがあるとあれるルテイン、豊富な食物繊維、カルシウムなどを含みます。

私たちは酸素を取り入れて、エネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素が酸化力の強い“活性酸素”に変化します。この活性酸素が増え過ぎると、血管や細胞を傷つけ、体の内側を酸化(=サビる)させ、動脈硬化などを引き起こし、生活習慣病を招きます。

ケール青汁 潤緑はどこで買える?

ネットで探しても見つからないのでドラッグストアで買うしかないようです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。