Oculus Goのメガネスペーサー

Oculus Goを購入したいけどメガネはどうしたらいいんだろうという人もいると思いますが、Oculus Goはメガネをつけたまま装着可能です。

説明書が分かりにくかったので手順を記事にしてみました。

Oculus Goはメガネをつけたまま装着できる

Oculus Go本体

Oculus Goはメガネをつけたまま装着できるように設計されていますが、Oculus Goのレンズと眼鏡が当たる人は眼鏡スペーサーというパーツを装着することでレンズの接触を回避できます。

Oculus Goの度付きレンズ

>>Oculus Go公式

公式サイトでは度付きの挿入もできると書いてあるので、眼鏡スペーサーでもダメな人は検討してみてもいいかもしれません。

Oculus Goの眼鏡スペーサーの装着方法

Oculus Goの眼鏡スペーサー

Oculus Goに装着する眼鏡スペーサーです。

本体の目を当てるクッション素材の接顔パーツを外してその中に装着します。

で、一応説明書というか説明図があるんですが、これなんですよ。

Oculus Goの眼鏡スペーサーの取り付け説明図

分かるかーい!!

シンプルに分かりにくい。

いや、つけた後の今ならこの図の意味は分かるけども。

最初はどこからどう分解できるのかよく分からなかったので悪戦苦闘しながらつけました。

なんか解説動画があるようなんですが再生されないし。

海外の家電あるあるですが、かっこつけて説明書までシンプルにするのやめてほしい。

日本向けの説明書だけでも日本に外注すればいいのに。

左右のレンズリングを外す

Oculus Goのレンズリングを取り外す

まずは両目のレンズに装着されているレンズリングを外します。

正直ここが一番緊張した。硬くて外れないし本当に外していいのか分からんし。

でも図には外すようになってるし。力をいれて外しました。

レンズリングは左右対称の丸い形じゃないので外したあと注意してください。

外した時の形のまま置いておくか上の外す前の画像をみながら向きを確認して再装着してください。

Oculus Goのレンズリングを両目外したところ

両目のレンズリングを外したところ。

接顔パーツを外す

Oculus Goの接眼パーツを取り外す

両目のレンズリングを外したら次は接顔パーツ(目に当てるクッション素材のパーツです)を引き抜きます。

眉間の真ん中に黒い固定具がありますが、引っ掛けてあるだけなのでそのまま引き抜いて大丈夫です。

眼鏡スペーサーを取り付ける

Oculus Goの眼鏡スペーサーの取り付け穴

接顔パーツを外すと本体上下の四隅に穴が開いています。

Oculus Go本体に眼鏡スペーサーを取り付ける

先ほどの穴に眼鏡スペーサーの突起を差し込んでいきます。

眼鏡スペーサーの突起の目印

眼鏡スペーサーを本体に乗せると穴と突起の位置が分からなくなりますが、眼鏡スペーサーに突起のしるしがあるのでそこを押して本体の穴に差し込みます。

眼鏡スペーサーを取り付けたOculus Go

眼鏡スペーサーの装着が完了しました。

接顔パーツ、レンズリングの順に装着しなおす

眼鏡スペーサーを取り付けたOculus Go

あとは外すときの手順と逆に接顔パーツ、レンズリングの順に装着しなおすだけです。

僕も眼鏡をつけたままOculus Goを装着しているのですが、眼鏡スペーサーのおかげで問題なく装着できています。

直接顔をつける接顔パーツの汚れが気になるという人は汚れ防止用のマスクが売っています。

Oculus Go用に買ったVR機の汚れ防止マスクがツッコミどころ満載だった

Oculus Goの使用にはレンズクリーナー必須

Oculus Goをつけようとするとどうしても額や指が時々あたるのかレンズに皮脂汚れがついてしまいます。

レンズはカメラのレンズなどと同様デリケートなものなので服の裾やティッシュなどでごしごし拭いたりせず付属のクリーニングクロスで拭きましょう。

カメラを持っている人はレンズペンやレンズクリーナー・クリーナー液を持っていると思いますがそれを使って掃除すればいいと思います。

持ってない人は1つあると便利です。特に皮脂汚れはクリーナー液がないと落ちにくいので。

AmazonやYahoo!ショッピングで売ってるこういうクリーニングキットはレンズペンやブロアー、レンズクリーニング液など一通りそろっているので重宝します。

>>楽天でカメラクリーニングキットを探す

上の商品は楽天では売っていなかったので楽天で探す場合はこちらで。

レンズペンだけでいいやという人は単品でも売っています。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。