【映画パンフレット】 ピエロがお前を嘲笑う

映画「WHO AM I ピエロがお前を嘲笑う」をみたのでその感想です(ネタバレ有)

スポンサードリンク

この記事の目次

あらすじ

警察に出頭した天才ハッカー・ベンヤミン(トム・シリング)。世間を騒がせ殺人事件にまで関与を疑われ国際指名手配をされた。そのベンヤミンが自ら語りだした――

学校では苛められ冴えないベンヤミン。ピザ屋のバイトでも馬鹿にされ、想いを寄せているマリ(ハンナー・ヘルツシュプルンク)にもまともにアプローチもできない。そのマリのために試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう。

前歴がなかったため社会奉仕活動を命じられ、そこで野心家のマックス(エリアス・ムバレク)と知り合う。2人にはハッキングという共通の趣味が合った。マックスはベンヤミンの天才的な才能を見抜き、マックスの友人たちを交えて、破壊活動を行うハッカー集団“CLAY(クレイ)”を結成する。

国内の管理システムを手当たり次第ハッキングを仕掛け、世間を混乱させ注目を集める。そしてクレイはライバルハッカー集団を挑発し、ついにはその正体を暴いてみせる。さらにドイツ連邦情報局へもハッキングを仕掛け、有頂天になっていたベンヤミンたちだったが、ベンヤミンの仕掛けた不用意なハッキングがきっかけで殺人事件が発生してしまう。

ついにユーロポール(欧州刑事警察機構)の捜査が入り、ベンヤミンたち自身が危険にさらされることになり、自ら出頭することにしたのだった。

しかしベンヤミンの自供はつじつまが合わない。翻弄される捜査官たち。果たしてどこまでが真実なのか。彼の真の目的とは――。

感想

最初はイタズラのようなハッキングを繰り返していた主人公のベンヤミンが、他のハッカーやハッカーの憧れの存在「MRX」に認められたいがあまり犯罪をエスカレートさせていく様は、実際の犯罪者のこころの動きをみているようで面白かったです。

ドイツの映画ということですが、この学校でいじめられていてさえない主人公が特技を生かして大活躍というのはヨーロッパでも感情移入しやすいキャラクターなんでしょうか。日本だとすごくおなじみのキャラクターですが。ドイツで大ヒットという話を聞いてふとそんなことを考えました。ハリウッドでリメイク予定とのことですがアメリカではどう変わるのか楽しみです。

ラストの大どんでん返しがこの映画のウリのようですが、最後は主人公が多重人格者のフリをして事情聴取を行っていた捜査官をだまして無罪放免となるというのは微妙な気が。ようはベンヤミンが頭おかしいふりしただけじゃないのか。

そもそも捜査官のおばさんは、犯人である主人公を大学図書館まで追い詰めたのに机の下に隠れたのを見落とすなど、いろいろとツメ甘すぎだろうと思いますが。

ただ映画として面白くないかといわれればそんなことはなく面白かったです。ベンヤミン達vsMRX、ベンヤミンvs捜査官、MRXvs捜査官など対立軸や時間軸が目まぐるしく入れ替わるので意外と騙されて楽しかったです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。