関西国際空港

格安航空(LCC)を利用する場合、飛行機が朝早かったり夜遅かったりするためどこかに宿泊する必要がでてきます。関空にもホテル日航関西空港がありますが、一人だと料金が高いためLCCを利用するメリットがありません。そこでできるだけ安く泊まれる方法を紹介します。※2017年3月30日に関空内にもカプセルホテルがオープンました。

スポンサードリンク

関空内のベンチまたは床で寝る(¥1,000円以内)

関西国際空港エアロプラザ2階奥の無料休憩所
エアロプラザ2階奥の無料休憩所

関西空港では夜になると案内センター(第1ターミナル2階の北端)とエアロプラザ内の無料休憩所で23時から翌朝の6時まで毛布を1枚無料で貸し出してくれます。それを使ってベンチか床で寝るのが最安値です。(床で寝ている外国の方もいましたが)

エアロプラザ2階のフロアマップエアロプラザ2階

エアロプラザというのは第1ターミナルビルを出て関西空港駅の奥にある施設です。ホテル日航関西空港やカプセルホテルのファーストキャビン関西空港、リフレッシュスクエアなどがあります。エアロプラザの無料休憩所は2階の奥にあります。

関西国際空港第1ターミナル2階のフロアマップ第1ターミナル2階

第1ターミナル2階の案内センター近くのベンチはコンビニのローソンやトイレや交番も近く人気のスポットです。

関西国際空港第1ターミナル3階レストランショッピング街マットレスベンチ

第1ターミナル3階のレストランショッピング街のマットレスベンチなども意外な穴場ですが人が少ないので1人だと不安ですね。ベンチは南北のエスカレーターのそばに設置されています。

ベンチはともかく床かよ!と思うかもしれませんが寝るのに適したベンチは意外と少なくすぐに埋まります。なれていなと平らな場所以外で寝るのは無理です。

床だとこういう銀マットがないときついかもしれません。

想定使用金額1,000円というのはシャワー代(¥510円)とロッカー代です。シャワーは次に紹介するKIXエアポートラウンジと、エアロプラザの無料休憩所の隣にあるシャワールームで使うことができます。

空港内は警備員の方が見回りをしてくれていますが置き引きには注意しましよう。また混雑しているときなどは早めにベンチが埋まってしまいます。一人だと場所取りやセキリュティ面で色々と不便です。夏は場所によっては暑いので寝にくいです。

KIXエアポートラウンジに泊まる(¥2,000円以内)

関西国際空港KIXエアポートラウンジ外観

KIXエアポートラウンジというのは関西空港第1ターミナル2階にあるネットカフェのような施設です。運営しているのもアプレシオというネットカフェの運営会社です。

オープン席とブース席・グループルームやキッズルームがありシャワールームもあります。シャワーは通常510円かかりますがラウンジ利用者は310円で使用できます。タオルは別売り(200円)なので持っていきましょう。

関西国際空港KIXエアポートラウンジ料金表

料金は上のとおりですが下で紹介するKIXカードというものを作っておくと半額で利用することができます。6時間利用とシャワーを使っても2,000円以内に収まります。

エアポートラウンジとリフレッシュスクエアが半額になるKIXカード

関西空港が発行しているKIX-ITM CARDというカードを使うとKIXエアポートラウンジを半額で利用することができます。KIXカードは年会費も入会費も無料なので持っておいて損はありません。フライトポイントもたまります。

KIXカードの注意点は事前にネットで申し込んでおく必要があることです。申し込み後90日以内伊丹空港か関西空港で受け取る必要があります。作った当日から使えますが受取可能なカウンターが場所によっては夜になると閉まってしまうので時間を調べて早めに作りましょう。

スポンサードリンク



詳しい申し込み方法やカードの受け取り場所は以下のKIXカードのサイトを参照してください。

リフレッシュスクエアに泊まる(¥2,000円以内)

関西国際空港リフレッシュスクエア外観

関空のエアロプラザ2階にあるリフレッシュスクエアのラウンジエリアは24時間営業なので宿泊可能です。椅子席とシート席がありますが寝るだけなのでブースにはハンガーとゴミ箱、荷物かご以外何もありません。グループルームも2つあります。

関西国際空港リフレッシュスクエア料金表

30分ごと(4時間まで)に260円で4時間以降は30分毎に150円です。仮に6時間利用すると考えると2,680円になりますが、リフレッシュスクエアもKIXカードで半額になるため1,340円での利用が可能です(フリードリンク制)

リフレッシュスクエア内にはシャワー施設がありませんが、リフレッシュスクエアの裏側にシャワールームがあります。料金は15分で500円です。

関空内のカプセルホテル ファーストキャビンに泊まる(¥6,200~7,200円)

関西国際空港ファーストキャビン外観

エアロプラザ3階にカプセルホテルのファーストキャビン関空があります。

全体の広さが約1,500平方メートル。153の客室は高さが約2メートルと一般的なカプセルホテルに比べて大きめなので立って歩ける大きさです(ファーストクラスコースの場合)。宿泊代は¥6,200~7,200円。宿泊だけでなく2時間1,800円から休憩も可能です。LCCを中心に深夜早朝便が増え、1日平均で250人の人がベンチで寝泊まりしているのでその解消を狙ったものです。

カプセルホテルにしては料金が高めなのがネックですが、利便性は抜群ですね。先日早速利用してみたので、その時の感想はこちらからどうぞ。

ホテル日航関西空港に泊まる(複数人ならおトク)

関空に普通のホテルはありますか?というメッセージをもらったので追記します。この記事は格安で1人旅をしたい人を想定して書いているのであえて書かなかったんですが、ファーストキャビンやリフレッシュスクエアと同じエアロプラザ内にホテル日航関西空港があります。2人以上いる場合は1人当たり7~8千円から宿泊可能なホテルです。

素泊まりのシンプルステイが1人だと13,000円くらいするんですが、2人だと16,000円(1人当たり8,000円)くらいからあります。2人以上いるならファーストキャビンと同じくらいの金額なのでこっちのほうがいいかもしれません。

番外編 大阪市内でカプセルホテルに泊まる(¥3,000円前後)

ここまで空港内での宿泊方法を書いておいてなんですが個人的におススメなのは市内のカプセルホテルです。個人的に湯船につからないと疲れが取ないのです。そういう人多いんじゃないでしょうか?基本一人で行動することが多いので荷物が気になって熟睡できないんですよね。

エアポートラウンジもリフレッシュスクエアもネットカフェなのであくまで仮眠と考えたほうがいいです。旅行前につかれてしまわないようにカプセルホテルに泊まっています。料金はだいたい3,000円前後です。

空港リムジンバスで関空にへ行く

関西空港へは梅田となんばのOCATから直通の空港リムジンバスが走っています。料金は梅田関空の間が1,550円で、なんばOCAT関空の間が1,050円です。カプセルホテル代と合計で5,000円前後になります。

OCAT(オーキャット)というのは大阪の難波にある高速バスの駅のような場所です。飲食店やコンビニ・ドラッグストア、郵便局などいろいろあります。

始発 関空着
梅田 ハービス大阪発 03:28
梅田 新阪急ホテル発 03:40
関空第1ターミナル着 04:30
関空第2ターミナル着 04:41
なんば OCAT発 05:15 関空第1ターミナル着 06:03
関空第2ターミナル着 06:14

電車で関空へ行く

南海電鉄の南海なんば駅から関西空港駅へ直通便が出ています。始発は平日が午前05:15、土・休日が午前05:10です。料金は920円。

午前6時台からは空港特急ラピートも走っています。料金は920円にレギュラーシートが+510円(合計1,430円)、スーパーシートが+720円(合計1,640円)ですが関空トク割ラピートきっぷならレギュラーシートが1,270円、スーパーシートが1,480円で乗れます。

難波(なんば)のカプセルホテル

大阪なんばのアムザというカプセルホテルに泊まって始発のバスで関空に向かっています。アムザは地下道のなんばウォークを通って直接OCATまでいけるので信号待ちとかなくて便利ですよ。徒歩10分くらいです。

難波・心斎橋エリアはアムザの他にもカプセルホテルが10軒以上あります。とにかくシンプルで安いホテルや、女性限定、ジムを併設、スパ施設が充実などいろんなニーズに合わせたホテルを探すことができます。詳しくは以下の記事にまとめてありますのでよかったらどうぞ。

梅田のカプセルホテル

梅田だとカプセルイン大阪やカプセルホテル大東洋などがあります。カプセルイン大阪は何度も泊まっていますがおすすめです。梅田発のバスのほうが始発がかなり早いので6時より前に関空に行くには梅田に泊まるしかないです。

ファーストキャビン阪神西梅田が2017年の10月にオープンしました。駅から少し離れてますが空港リムジンバスに乗ってハービス大阪で降りて西へまっすぐなので迷うことはないかと。

番外編 大阪市内で格安のビジネスホテルを探す(約¥3,500円~)

シーズンや曜日によりますが、市内のビジネスホテルでも3,500円くらいから泊まれるケースがあるので探してみる価値はあります。キャンペーンなどでかなり安く泊まれることもあるので時々チェックしましょう。別に大きな湯船につからなくていいから個室でゆっくりしたいという人におススメです。

ここではよく使うYahoo!トラベルを例に説明します。

Yahoo!トラベル

Yahoo!トラベルのページを開くと真ん中に行き先やチェックイン・アウトの指定、人数指定のボックスがあります。また下のボックスにUSJなど観光スポットを入力すると周辺のホテルがわかります。

ここでは試しに「大阪府>キタ・新大阪>大阪駅・梅田・中之島」で検索してみます。宿泊場所があまりない場所だとほとんど出てこないので、その場合は「大阪府>キタ・新大阪」など範囲を広げながら検索するとよいです。

Yahoo!トラベル

人数指定では子供について細かく指定できます。

Yahoo!トラベル

最初は「人気順」に並んでいると思いますが、よく使うのは「安い順」に並べて上からチェックしていくという方法です。後は口コミを見ながらよさそうなら予約します。

最近はヤフートラベルのほかにトリバゴも使ってみてるんですがいろんなサイトのサイトのホテル情報を横断的に見ることができるので重宝しています。

番外編 神戸空港から船で関西空港へ向かう

宿泊とは別ですが神戸空港から関西空港へベイシャトルという船で30分ほどで行けます。朝5:30分から出ているので早朝の便でも間に合います。神戸から西の人はうまく使えば大阪に前入りせずに早朝の便に乗れます。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。