シャンプーをしている犬

本屋さんで目にしたたまたま「湯シャン」について書かれた本を読んで思い当たることがあったので去年の8月からお湯だけでシャンプーをしています。半年ほどたったのでその結果のお話。

スポンサードリンク

ヘアケアの遍歴

髪質は昔は固く量も多かったのですが、30代になるころにはすっかり柔らかく少なくなってしまいました。20代の頃から薄毛予防として石けんシャンプーやノンシリコンシャンプーを使用していました。

ノンシリコンシャンプーというのは文字通りシリコンの入っていないシャンプーのことです。市販されているシャンプーの中には髪を洗った後の手触りを良くするためシリコンが含まれたものがあります。これがすすぎの段階でうまく洗い流せていないと頭皮にダメージが残ってしまうということでノンシリコンシャンプーが流行りました。

余談ですがシリコンが入っていようがなかろうがシャンプーやコンディショナーはしっかりと洗い流す必要があります。美容師さんなどに話を聞くとほとんどの人はすすぎが足りてないそうです。

シャンプーにはシリコンが入っていないけどコンディショナーの中には入っているといった微妙な商品もあるため注意が必要です。シャンプーは成分をすべて表示しなければならないためパッケージの成分表を見ればシリコン入りかどうかはわかります。

おそらくノンシリコンシャンプーでメジャーなのはスカルプDブラックシャンプーなのではないかと思います。僕は両方使っていました。どちらも一般的なシャンプーに比べればかなり高額ですが洗髪後の爽快感は低価格帯のものとは比較にならないほど気持ちがよく、シャンプー自体が非常に楽しい時間になりました。しかしここで問題が起こります。

スカルプDはテレビなどでおなじみだと思いますがブラックシャンプーはこういうのです。



洗い上がりは確かに気持ちいいものの前日の夜にしっかりシャンプーをしたにもかかわらず翌日の夕方にはなんだか髪全体が脂っぽく感じたのです。髪質が昔に比べて柔らかくなってしまったため脂っぽくなると髪のボリュームがなくなってしまうのが悩みになりました。

元々僕は自分で脂っぽい頭皮の体質だと思っていました。だからこそシャンプーや洗髪方法を工夫し頭皮の脂を除去して清潔な頭皮環境を追い求めていました。しかし追い求めれば追い求めるほどなんだか脂っぽくなってしまうというジレンマを抱えることになります。そんな時に偶然読んだのが宇津木 龍一という人と山田 佳弘という人の本です。

この2人の本を読むと、自分もシャンプーで頭皮の脂をとりきれていないのではなく、シャンプーで頭皮の脂をとりすぎた結果過剰に脂が分泌されているのではないか?と考えるようになりました。

シャンプーが合っていないのではなくシャンプーを使って洗浄すること自体が体質的に合っていないのだとすれば大変なことです。いくらシャンプーの種類を変えたって一緒なわけです。いままで何年も間違ったヘアケアをしていたことになります。

湯シャンとは何か?

そもそも湯シャンとは何かなんですが、文字通りお湯だけで洗髪をするというものです。髪の汚れというのはお湯でしっかりゆすげば汚れの70~80%ほどは落ちるそうです。

湯シャンの方法は?

ぬるめのお湯または水のみで洗います。お湯は熱いと(40℃以上)洗浄力があがり皮脂をとりすぎてしまうのでぬるめのお湯がいいそうです。洗い方自体は通常のシャンプーと同じです。頭皮に爪を立てないように指の腹をつかってゆっくり洗っていきます。

皮脂をとりすぎないことが目的なので洗浄ブラシのようなものも使いません。ただシャワーだけはやわらかいお湯が出るタイプのヘッドに買い換えました。髪の長い人はあらかじめブラッシングしてホコリや汚れをとっておくといいです。

ちなみに乾燥肌がひどい人などは体も石けんを使わずお湯だけで洗うそうです。

湯シャンの効果は?

頭皮の皮脂が適量に保たれるようになります。また皮膚常在菌のような皮膚を守るための細菌も必要以上に落とさずに済むので頭皮環境が安定するといわれています。

湯シャン初日は正直汚れが取れていない気がして気持ち悪かったです。なんとなく洗い上がりもぺったりしてる気がしました。3、4日ほどすると慣れてきて気にならなくなりました。

お湯だけで洗髪すると臭い?

友人に確認してもらいましたが臭いとかはないそうです。半年たった今でも匂いはありません。整髪料もつけないので整髪料の匂いでごまかされているということもないです。

スポンサードリンク



お湯だけで洗髪するとかゆくならない?フケは?

これもよく聞かれますが特にかゆくないですしフケもでませんでした。体質的なものもあるのかもしれません。

湯シャンをして半年たった結果

2016年02月

前は髪が寝てしまっていたのでボリュームがなくぺったりとしてみえていましたが、以前より髪の毛がしっかりしてきました。抜け毛も減りました。前は寝起きの枕に何本もついていたんですが今はほとんどないです。

上の方で自分は脂っぽい頭皮の体質だと思っていたと書きましたが、湯シャンをして半年たってみるとむしろ頭皮の脂は少ない体質なんじゃないかと思います。今頭皮を指で触ってもうっすら脂がつく程度です。

湯シャンを1年以上やった結果

2016年10月

変わらずなんの問題もないです。フケもでないし臭いもないです。最近は顔を洗ったあと顔がつっぱって困るので顔もお湯だけで洗おうかと思っています。最近読んだこの本だとむしろ水だけで洗ったほうがいいと書いてあるんで問題なさそうだけど…

2017年02月

顔のお湯だけ洗顔はどうも合わないようなので洗顔料を使っています。洗顔後はクリームを塗っています。いろいろ試しているんですが落ち着かず。

2017年05月

世界一簡単な髪が増える方法という本の中で湯シャンは合成の界面活性剤入りのシャンプーを長期間使ってた人が一時的にやるものであって、シャンプー自体をやめるとそのうち酸化汚れがたまっていくのでおススメできないと書いてあってちょっといろいろ調べています。

2017年07月

抜け毛とかに特に変化はないのですが、頭皮にニキビのような頭皮湿疹ができてきたので試験的にシャンプーを再開することにしました。頭皮に優しいシャンプーなのでしばらく続けてみようと思います。

湯シャンにおススメの塩素除去シャワーヘッド

上の世界一簡単な髪が増える方法という本の中で紹介されていた塩素除去のシャワーヘッドを買ってみました。残留塩素検査薬を使って効果を試してみると違いは歴然でした。

結局やってみないと合うかどうかはわからない

実は湯シャン自体はかなり前から知っていました。タレントのタモリさんや福山雅治さんやYOUさんがやっているという話を聞いたことがあったので元々興味はあったのです。

しかしネットで調べてみると臭いがひどくなったとかフケがすごくなったなど恐ろしい情報が検索に引っかかったため怖くて挑戦できずその後本を読むまですっかり忘れていました。かなり人によって合う合わないの差が激しいようで万人向けの洗髪法ではないと思います。

僕の場合は非常にいい結果になりましたがこれが20代前半とか高校生のような脂が多そうな時期に湯シャンをしてもはたして同じような結果になったかどうかはわかりません。今回の湯シャンは30代になった頭皮環境とたまたま合っていただけかもしれません。

ノンシリコンシャンプーで抜け毛が増えた?

この記事を公開後ノンシリコンシャンプーで抜け毛が増えたという人が検索してきていたので別に記事を追記しました。参考にしてみてください。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。