頭皮の状態を見たくてAmazonで格安のマイクロスコープを買ってみましたが微妙でした。

スポンサードリンク

マイクロスコープ

買ったのはこちらの商品です。Amazonで「マイクロスコープ」で検索したら一番最初に出てきます。約1,300円と安かったのでダメもとで買ってみたんですが、結論から言えば頭皮の撮影という用途には不向きです。またこちらの商品は医療を目的とした使用または人体に対する検査機器・製品ではありません。昆虫観察など子供のおもちゃとしてならいいのかも。

8cmのCDはアプリだと思うんですが、ネットにつながっているならウェブ上からダウンロードできるのでいりません。8cmのディスクって久しぶりにみたな。

これはマイクロUSBを普通のUSBに変換するコード。この商品はパソコンとアンドロイドのスマートフォンで使えるんですが、スマートフォンで使うには「OTG(USB On-the-Go)」(またはUSBホスト)に対応している必要があります。

自分のスマホが対応しているか確かめるには「機種名+OTG」や「機種名+USBホスト」で検索すればわかります。僕のスマホは対応していなかったのでパソコンで使うことにしました。

これはなにかというと。

こんな風にアタッチメントとして使います。

リモコンです。ダイヤルでLEDライトの光量を調節します。背面の銀色のボタンはシャッター。

真ん中がレンズでその周りをLEDが囲んでいます。

LEDをつけてると結構な熱を持つので何分か持ってると熱いです。

説明書に記載されていたURLを打ち込むとカメラアプリが入ったZIPファイルがダウンロードできます。

解凍します。

解凍したフォルダを開けてインストールします。

Accept(同意)をクリック

アイコンをクリックするとソフトが起動します。カメラのUSBをパソコンのUSBポートに差し込めば自動的にカメラを認識します。

130万画素なので画像は荒いです。

マイクロスコープを使った感想

あくまで頭皮撮影用としてつかってみた感想ですが参考までに。

なかなかピントが合わない

このマイクロスコープは焦点が合う距離が約4cmと遠いため頭皮から離す必要があります。しかし4cm離すと手前に髪の毛が来ることになるのでピントがありません。テレビなどで頭皮チェックをしているときは髪をかき分けてカメラを頭皮にひっつけるようにしてみていますがそれができません。

頭皮の撮影は難しい

手前に髪が来ると頭皮にピントが合わないため髪をかき分けて頭皮を撮影する必要がありますが、そうすると両手がふさがってシャッターが押せません。頭皮の写真を定期的にとって経過観察などをしたい場合にはつかえません。仮にピントがあったとしてもテレビなどでよく見るような髪の毛がはえている毛穴などが見えるほどには接写できません。

コードが短い

スマホに接続して使うなら問題ないと思いますが、パソコンに接続する場合パソコンの位置によってはコードの長さがたりません。僕はパソコンを床に置いていますが床のパソコンから座った状態で頭の上にコードを伸ばして使うにはちょと短いです。

まとめ

Amazonのレビューをみていて頭皮が写ったと書いている人がいたので買ってみましたが、おそらくこの商品はそういう目的のためには作られていません。キッチンの隙間に落ちたものや、プラモデルなどおもちゃの見えない角度をみたりするための物だと思います。LEDをつける場合はかなり熱をもつので植物などに近づける場合は注意しましょう。

頭皮を撮影できるマイクロスコープは?

やっぱこの価格じゃ頭皮撮影ができるマイクロスコープは厳しいみたいですが、ではどれくらいの価格帯のマイクロスコープならいいのか調べてみました。

こちらの商品の商品レビューをみると皮膚チェック(肌のきめ)には使えるみたいなんですが頭皮に関してはだれも書いていないですね。カメラの前に透明なガードが出ているんでこれなら片手でも頭皮に押し当てれるかなあと言う気がしますが。値段は約8,000円なのでテストするには高すぎますね。

さっきの商品は商品ページにサンプル画像がなかったのでよくわかりませんでしたが、こちらのマイクロスコープの商品ページには頭皮のサンプル画像があるのでこのレベルの物を買えば髪の毛の毛穴までチェックできるようです。しかしお値段は倍近く約15,000円。高い!

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。