海外から購入したのに5/24の深夜注文で5/28の昼に届くという素早さでした。Oculus Goは約30,000円で手に入るスタンドアロン型のVR機です。「見せてもらおうか、低価格VR機の性能とやらを」ということで開封です。

Oculus Goの梱包はかなりしっかりしている

Oculus Goはこういう段ボール箱で海外から届きます。

化粧箱もしっかりしている。

裏面。

上蓋の裏側。傷がつかないように厚手のスポンジが入っています。

Oculus Goの本体と同梱品紹介

Oculus Goの本体

上蓋をあけるとこの状態です。

電源ボタンと音量の小ボタンでスクリーンショットが撮れます。普通のandroidスマホと同じ仕様。

USBケーブルとイヤホンジャック。

頭を固定するベルトは画像の赤丸で囲った3か所で長さ調節できます。ベルトは本体から外せるので汚れたら外して洗えばよし。

Oculus Go用に買ったVR機の汚れ防止マスクがツッコミどころ満載だった

顔をつける接顔パーツも外せますが、洗うのは不安だし汚れるのも嫌なので汚れ防止マスクをしています。

Oculus Goの同梱品

こちらの中にはUSBケーブルやマニュアルなどが入っています。

これは何かというと眼鏡スペーサーといって眼鏡をしている人がOculus Goをするときに使うアタッチメントです。これを本体に装着することで本体レンズと眼鏡がぶつからないようにすることができます。

メガネのままOculus Goを装着OK!眼鏡スペーサーをつける方法

左上はレンズクロスです。あとはUSBケーブル、使用マニュアル、リモコン用の電池、リモコン用のストラップが同梱されています。

任天堂のWiiとかを触ったことがないのでこういうリモコンに違和感がありますが、最近のはこんな感じなんですね。丸い部分を触るとスライド等の操作ができます。矢印は戻るボタンでその下はホームボタンです。

後ろのトリガーで動画の選択などを行います。

リモコンは単三電池1個を使用します。

ストラップ用の穴。

あんまり役に立たない説明書。

追加パーツや替えパーツもOculus Goの公式サイトから購入可能

>>Oculus Go公式サイト

標準の接顔パーツでは顔に合わない人のための追加パーツ。

Oculus Goはメガネをかけたままでも使用できる仕様ですが、うまく合わないというという人のために度付きレンズもあるそうです。

コントローラーと通常の接顔パーツ

Oculus Goのセットアップに関してはこちら。

Oculus Go のセットアップ方法と手順を画像付で解説

Oculus GoでDMM VR動画を楽しむ方法とか。アプリのダウンロード・アンインストール、動画の購入方法・削除方法、スクリーンショットの撮り方、Oculus Goをパソコンに接続する方法など。

Oculus GoでDMM VR動画の基本操作・PC接続や動画の削除、スクリーンショットなど

Oculus Goの保管方法は要注意

Oculus Goのレンズを日に当てると画面やけを起こして液晶に斑点ができてしまうので、日光の当たる机の上などに置きっぱなしにしないようにしましょう。保管方法や扱い方としてはカメラやカメラレンズと同じだと思います。

カメラやカメラレンズはこういった防湿庫にいれて日の当たらない場所に保管します。画像は普段カメラの保管用に使っているナカバヤシの防湿庫ですがOculus Goもぴったりでした。画像は8リットルタイプです。

レンズは湿度が高いとすぐにカビが生えるので除湿剤をいれて保管します。

防湿庫は1,000円強するのでもっと安いのがいいという人は100均(DAISO)にこんなのが売っていました。

サイズもぴったり。防湿機能はないですが、日光は防げます。これにシリカゲルを入れておけば部屋にむき出しで置いておくよりはマシでしょう。

本来はマンガなどを保管するためのボックスです(108円)

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。