ランニングやウォーキング中は邪魔になるのでスマホを持ち歩かなかったんですが、スマホのGPS機能で走った経路を記録するのにはまってしまいました。ポケットにいれて走ると邪魔なのでアームバンドを買って試したところいい感じです。

Numberのアームバッグを購入

今回はNumberのアームバッグというのを購入してみました。アスリート系の雑誌で「Number」というのがありますが、「Number」とスポーツショップの「Sports Authority」が共同でスポーツギアを作っているようです。

透明のフィルムは上からタッチしてもスマホが反応するので、中に入れたまま操作ができます。ランニング中に頻繁に見るわけではないですが時間や平均時速などちょっと確認したいことがあるので、簡単にアクセスできるタッチパネルウィンドウは必須です。

ランニングバッグの中には中が見えないものもありますよ。スマホをほとんど見ない人はウェストポーチとかでもいいですね。

長さはマジックテープで簡単に調整できるので走りながらでも調整できます。

裏側はリュックなどにもよく使われているメッシュ素材です。まだ寒いからそれほど汗をかきませんが暑くなって来たら重宝するでしょう。

ランニング中は腕を曲げているので問題ないんですが、ウォーキング中は腕を伸ばしているので結構きつく締め付けないとずり落ちてきます。きつく締めてると気持ち悪くなってくるので基本はランニング中に使う商品ですね。

僕は装着感やスマホが入るか確認したかったので実店舗で買いましたが、Amazonや楽天なら1,000円くらいでいっぱいありますね。イヤホンホールが開いているものや鍵やカード、小物を収納可能なものなどいろいろあります。

ランニング・ウォーキング用にbluetooth(ワイヤレス)イヤホンを買ってみた

僕はイヤホンはワイヤレスイヤホンを使っているのですが快適ですよ。使ったことない人は試してほしい快適さです。

走路はRuntastic(ランタスティック)で記録

走路を記録するアプリはRuntastic(ランタスティック)を使用しています。無料版と有料版がありますが今のところ無料版です。無料版でも特に困ることはないと思います。

ウォーキングイベントの倉敷ツーデーマーチの記事でも紹介しましたが、走った経路、時間、距離、標高差、平均時速などが記録されていきます。走行記録は蓄積されていくので1か月間で何キロ走ったか、先月は何キロ走ったのかなどがすぐにわかります。

倉敷ツーデーマーチ(第30回)で40km歩いてきたので情報まとめ

地図はアップでも見ることができます。

こんな感じで計測期間内の平均時速などが分かります。旅行先などでどこを歩いたか記録するのも楽しいです。一時停止できるので歩いたり走った時間だけを記録できます。

ランタスティックのGPSシグナルが微弱で計測ができない?

スマートフォンを買い替えたらGPSがうまく受信できずにランタスティックで距離とルートの計測ができないという現象に悩まされていたのですが、設定をいじったら解決しました。

ランタスティックのGPSシグナル微弱・無効を解決する方法(android版)

ランタスティックとGoogleフィットを連携させよう

Googleフィットの使い方まとめ!スマホを持ち歩くだけで歩数やカロリーを記録!

Googleフィットとランタスティックの連携方法!何もしなくても自動的に同期されて便利

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。