活動量計というのは万歩計よりも高性能で、歩数だけでなく日常の運動量を数値化することが可能です。スマートフォンのアプリよりも精度がよくポケットに入れておいても邪魔にならないので基本的にお風呂以外はずっと身に着けています。

タニタ活動量計 カロリズムエキスパート AM-140-SV

このブログで結構出てくるわりに活動量計についてしっかり紹介したことがなかったので、いったいどんなことができる器具なのか記事にしてみました。

ダイエットや健康のためのウォーキングの歩数の基準とは?1万歩の嘘

使い始めたのは以前書いた記事の中で紹介した、やってはいけないウォーキングという本を読んだのがきっかけです。

この本の中で単に歩くだけではダメで、中強度の運動を行う必要があり、計測のためには万歩計より活動量計がおススメと書いてあったので使用しています。

実際に使ってみると自分が思ってた以上に一日の運動量が少なく驚きました。改めて活動量を数値化してみると自分の生活の問題点がよりシビアに把握できます。

スマートフォンのランアプリも使用しているんですが、いまだにカロリズムを使用しているのはスマホアプリよりも精度が高いのと、スマホ自体が壊れたりバッテリーが足りなかったりアプリの不具合で計測ができなかったりすることがあるからです。

買って2週間のアンドロイドスマホの電源が入らなくなり工場送りになった話 電源が入らないときに試したい方法

カロリズムはシンプルな商品で、電池を含めても38gと非常に軽いので運動や生活の邪魔にならないのでいいです。電池はボタン電池のCR2032を2個使用します。AM-140は電池の消費量もスマホ同期型に比べるとかなり少ないです。

タニタ活動量計 カロリズムエキスパート AM-140-SVでできること

  • 時刻表示
  • 歩数
  • 消費カロリー
  • 脂肪燃焼量
  • 活動時間
  • 移動距離
  • 24時間グラフ、分析グラフで分析
  • スプリット機能
  • 14日間メモリー機能
  • 過去メモリ保護機能

24時間グラフ、分析グラフで分析

カロリズムで面白いのは1日の活動を「安静」「生活」「歩き」「走り」の4つに分類し、行動別の消費カロリーや時間、脂肪燃焼量などを把握できる点です。

これにより1日の活動の中の中強度の運動時間(量)を把握することができます。僕は中強度の運動はスロージョギングをしているのでスロージョギングの時間を計測していますが設定で小走りをカウントしないようにすることもできます。

「歩き」と「走り」を自動で判断するが、例えば「小走りは走りのカウントに入れたくない」場合など、歩きや走りのサンプリングを行い本体に記憶させることで、「歩き」と「走り」の振り分けを個人に合わせて変えることができる。

スプリット機能

気になる活動の間だけの消費カロリーや歩数、距離などのデータをストップウォッチのように手軽に測定できる(スプリット機能)。

スプリット機能とは要するにストップウォッチのことです。ウォーキングやジョギングに行く時によく使う機能です。スプリット機能で計測した数値だけを分析することもできます。

例えば1時間のウォーキング中の歩数や消費カロリーなども分析できますし、ウォーキングとジョギングを繰り返すインターバルトレーニングも歩きと走りに分けて分析できます。

試しにウォーキングをした時のデータを分析してみました。目標は10,000歩なので達成、走り(スロージョギング)の活動時間38分が中強度の運動時間に相当します。中強度の運動の目標活動時間は30分なのでこれも達成。

このように各目標ごとにデータを見ていくことができます。

ちなみにスマホのランアプリ、ランタスティックでもGPSで距離の計測をしていますが、移動距離は9.84㎞、消費カロリーは913kcalなので誤差は240メートルほどのようです。

Runtastic ランニング&ウォーキング

Runtastic ランニング&ウォーキング

runtastic無料posted withアプリーチ

14日間メモリー機能

計測した数値はエクセルにまとめて管理しているのでメモリー機能は必須です。毎日転記はさすがに面倒くさい。

タニタのカロリズムシリーズ

タニタのカロリズムもAM-150、AM-160、AM-161はスマホのアプリに対応しているので、自分で記録するのが面倒な人はAM-150以降の機種がおススメです。ただAM-150はネットで売ってないですね。販売終了したのかな?

AM-160はiPhone専用みたいなのでandroidスマホの人はAM-161になります。

さらに詳細なデータ計測を目指して

ウォーキングやランニングの詳細データや脈拍などのライフログを取りたくて、最近はGARMINのForeAthlete 935というランニングウォッチをつけて生活しています。

生活習慣が一変する!GPS内臓のGARMINランニングウォッチ ForeAthlete 935を購入

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。