GoogleFitの使い方

ダイエットの挫折防止にGoogleフィットを使い始めました。歩数や消費カロリー、歩行ルートを自動的に記録してくれるのと、ランタスティックなどの他のアプリのデータを同期できるので便利です。データの記録はモチベーションの維持に役立ちます。

Googleフィットで何ができるの?

アクティビティ(運動)の結果を自動的に記録

アクティビティ(運動)の結果を記録することができます。

Googleフィットをインストールした端末を持ち歩くことで、ウォーキングやランニングなど位置情報(GPS)を利用した運動に関しては、運動時間、移動距離、歩数、消費カロリーが自動的に記録されます。

目標設定と達成度がリアルタイムでわかる

アクティビティ(運動)ごとの目標を歩数や時間、距離、消費カロリーで設定できます。

アクティビティの記録はリアルタイムで更新され、目標までどれくらい足りないのかなどが一目で進捗度が確認できます。

アクティビティの目標に対してパフォーマンスベースの推奨値を知ることができます。

他の端末との連携

Google FitはAndroid Wearと連携させることができます。

他の運動・健康系アプリとの連携

GoogleFitは他の運動・健康系アプリとの連携させることができます。ランアプリのランタスティックと連携するとさらに詳細なデータをGoogleフィットに同期させることができます。

Googleフィットの使い方と画面説明

Googleフィットをインストールする

GoogleプレイでGoogleFitを検索

GoogleまたはGoogleプレイで「GoogleFit」と検索しスマートフォンにインストールします。

GoogleFitのアカウント設定

Googleフィットの規約とプライバシーポリシーへの同意を求められるので「同意」をタップ。

GoogleFitのアクティビティ管理の利用画面

アクティビティ管理の同意画面です。Googleフィットはスマートフォンの歩数計測結果やスマートフォンに接続しているウェアラブル端末のデータを使用するということに関する同意確認です。「利用する」をタップ。

Googleフィットのアクティビティセッションの保存

GoogleフィットはスマートフォンのGPS機能(位置情報)を利用してルートや移動距離、速度を計測しているのでGoogleに位置情報の履歴が残りますが、設定で変更したり削除したりもできます。「オンにする」をタップ。

余談ですがGoogleにロケーション履歴を残すと、Googleマップのタイムライン機能で自分が訪れた場所の履歴を見ることができて楽しいですよ。また機会があったら紹介します。

Googleフィットの位置情報へのアクセス許可

「許可」をタップ。

Googleフィットの端末位置情報をオンにする同意画面

スマートフォンのGPS機能を切っている場合はGoogleフィットを立ち上げた時にこの画面がでるので、ウォーキングやランニングに出かける場合は「OK」をタップします。

家や建物内にいるときにGPS機能をオンにするとバッテリーの減りが早いので、移動しない場合はキャンセルをタップするとバッテリーを節約できます。

スマートフォンのGPS設定やバッテリーモードに関しては以下の記事を参照してみてください。

ランタスティックのGPSシグナル微弱・無効を解決する方法(android版)

Googleフィットのホーム画面

インストール直後のGoogleフィットのホーム画面です。

設定画面でGoogleフィットに性別・身長・体重を登録する

Googleフィットの設定画面へ

先ほどのGoogleフィットのホーム画面の一番上の左上の白い横の三本線をタップするとGoogleフィットの設定画面になります。

Googleフィットの設定画面

基本的に入力するのは「性別」「身長」「体重」だけです。身長・体重をもとに消費カロリーなどを計算するので最初に入力しておきましょう。

登録できるアクティビティに関しては次の項目で説明します。

Googleフィットの体重グラフ

体重は手動入力なので多少面倒ですが、日々入力していくとホーム画面にグラフ表示してくれるのでモチベーションの維持に役立ちます。紫色の太い線は期間中の体重の増減を表しています。

Googleフィットに登録されているアクティビティの一覧

かなり長いですが約100個あります。僕はよく使いそうな「ウォーキング」「ランニング」「筋力トレーニング」「健康体操」を登録しました。本当はストレッチを登録したかったのですがなかったので健康体操で。

Googleフィットのアクティビティ一覧

Googleフィットに目標を登録する

Googleフィットの目標設定

Googleフィットのホーム画面から「目標を設定」をタップ。

Googleフィットの目標設定

Googleフィットの目標設定から「独自の目標を設定」をタップ。

Googleフィットの目標設定

目標の歩数と頻度を登録して「完了」をタップ。「…」をタップすると自分で歩数を決めることができます。歩数目標の他にも「Kcal目標」「アクティブ時間目標」「距離目標」が設定できます。

目標は1日10,000歩のウォーキング、週3回の筋トレ、1日5㎞のランニングなどアクティビティごとに設定できます。

Googleフィットの目標設定後のホーム画面

Googleフィットに目標設定するとホーム画面に目標の数値とゲージが表示されます。

Googleフィットの目標の編集と削除

右上の三つの点(赤の①)をタップすると「目標を編集」「目標を削除」できます。

Googleフィットのアクティビティ管理

右下のプラスマーク(青の②)をタップすると「目標を追加」「体重を記録」「アクティビティの追加」「アクティビティを開始」できるようになります。

Googleフィットでアクティビティを記録しよう

試しに筋トレをして記録してみます。

Googleフィットのホーム画面

Googleフィットのホーム画面から赤丸のプラスマークをタップします。

Googleフィットのアクティビティ登録

「アクティビティの開始」をタップします。ちなみに「アクティビティの追加」をタップすると手動で運動内容を記録することができます。

Googleフィットのアクティビティ選択

健康体操になっていたので筋トレに選択しなおします。健康体操(下向きの白い▼)が書いてある部分をタップ。

Googleフィットのアクティビティ選択

アクティビティの中から筋力トレーニングを選択。

Googleフィットでアクティビティ開始

「開始」をタップして筋トレ開始。とりあえず15分ほど筋トレします。

Googleフィットのトレーニング結果

こんな感じでカロリーなどが記録されます。

ただ一口に筋トレといっても種目によって運動強度は全然違いますし消費カロリーも違うので、身長・体重と距離(GPS)で計測できるウォーキングやランニングに比べるとかなり微妙な数字だと思います。

単純にトレーニング記録としてつけるならアリだと思いますが。

Googleフィットのウィジェットをホーム画面に貼って常に目標確認しよう

Googleフィットにはウィジェットが用意されているのでスーとフォンのホーム画面に設定しておけば常に目標を確認することができます。

これは意外と効果的で、スマホをつけたらすぐに目に入るので「あと400歩ほど足りないから少し遠回りして帰ろう」など目標達成へのモチベーションになります。

スマートフォンの壁紙

androidの7.0で説明するのでそれ以外のバージョンだとウィジェットの追加の仕方が少し違うかも知れません。まずスマホのホーム画面の何もないところを長押しします。

スマートフォンのウィジェット追加画面

真ん中の「ウィジェット」をタップします。

スマートフォンのウィジェット選択画面

横にスワイプしていくと「GoogleFitのウィジェット」があるので指で長押しすると動かせるようになります。そのまま指で長押ししたままスマホのホーム画面の好きな位置に配置して完了です。

スマホの壁紙にGoogleFitを配置したところ

今使っているandroidのバージョン(android7.0)では、今あるホーム画面の数を超えてウィジェットを配置しようとすると自動的にホーム画面が追加されます。

Googleフィットと他のアプリを連携しよう

GoogleFitが連携できるアプリ一覧

Googleフィットはその他のスマートフォンアプリと簡単に連携してデータを共有することができます。

>>Googleフィットで連携できるアプリ一覧

僕もランアプリのRuntastic(ランタスティック)と同期していますが、ランタスティックのアクティビティデータが自動的にGoogleFitにも同期されるので非常に便利です。

GoogleFitとランタスティックの同期方法については別記事にまとめました。

Googleフィットとランタスティックの連携方法!何もしなくても自動的に同期されて便利

パソコンからもGoogleフィットのデータの確認・編集ができる

Googleフィットは他のGoogleアプリと同様にパソコンからもデータ入力や編集ができます。僕も体重などをまとめて入力するときはパソコンからの方が楽なのでパソコンを使っています。

>>Googleフィットパソコン版

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。