以前エアコンを切った後の湿度戻りがひどいという記事を書いたのですが、湿度対策としてアイリスオーヤマのコンプレッサー式除湿器を買ってみました。

スポンサードリンク

どのような除湿器を買えばいいのか?

除湿器には大きく分けてコンプレッサー方式デシカント方式があります。また両方の機能をもつハイブリット方式もあります。各方式の特徴を理解して自分の生活スタイルにあった除湿器を買う必要があります(1度失敗した)

コンプレッサー方式(夏に最適)

空気を冷やして結露させることにより部屋の中の水分を取り除きます。本体内部で冷媒を循環させ、湿った空気を冷やして結露させることによって除湿します。エアコンの除湿機能と同じ方法です。

コンプレッサー方式のメリット

  • 25℃以上の高温時に能力を発揮し、除湿力が高いので湿気の多い梅雨~夏場に最適
  • デシカント方式に比べて電気代が安い(消費電力が小さい)
  • 室温上昇が少ないなので夏場でも使いやすい

コンプレッサー方式のデメリット

  • コンプレッサーを内蔵しているため本体が重く大きくなりやすい
  • 運転音(振動音)が大きい
  • 冬場などの低温時には除湿能力が落ちる

デシカント方式(冬に最適)

本体内部の水分の吸着性能に優れたゼオライトと呼ばれる乾燥材に水分を吸着させることにより室内の湿気を取り除きます。ゼオライトに水分を吸着させ、ヒーターの熱により乾燥した空気を放出。吸着した水分は熱交換器をとおって冷やされて水滴になってタンクにたまります。

デシカント方式のメリット

  • 衣類乾燥に優れている
  • 低温時の除湿能力が大きく冬場でも除湿能力が落ちない
  • コンプレッサーを内蔵していないので軽量、コンパクトで運転音が静か

デシカント方式のデメリット

  • ヒーターを使用するため消費電力が大きい(電気代が高い
  • 除湿のためヒーターを使うので室温上昇が大きい

ハイブリット方式(1年通して使える)

コンプレッサー方式とデシカント方式のいいとこどりをしたタイプです。夏場の高温時にはコンプレッサー式で稼働し電気代を抑えて除湿力を発揮します。冬場の低温時にはデシカント方式で稼働し、冬の室内干しなどに活躍します。室温は上がりますが冬場なのでむしろ好都合です。

いい所ばかりあるようにみえるハイブリット式ですが実はそうでもありません。昔、上にリンクを貼っているPanasonicのハイブリット方式の除湿器を使っていたのですが(何代か前のやつですが)、生活スタイルによってはデメリットが目立ちます。

ハイブリット方式のメリット

ハイブリット全般ではなく以前使っていたPanasonicのハイブリット方式を使って感じたメリットです。

  • 両方の機能を搭載しているので一年を通して使える
  • タンクが大きいので排水回数が少なくて楽
  • スイング機能、送風範囲、衣類ケアなど細かい設定ができる
  • 強・中・弱・おまかせ、ターボなど除湿能力の細かい設定ができる

ハイブリット方式のデメリット

  • 両方の機能がついているため高価格(5万円前後~)
  • 冬場部屋干しをしない人にとってはそもそもコンプレッサー式だけでよい
  • 両方の方式を内蔵しているため本体が重く(約15㎏前後)、大きいため移動が難しい

価格に関しては型落ち品を狙えば3~4万円程度で買えます。大体4月ごろに新製品が出るので直前の冬場を狙ってチェックしておけば安く買えます。

ウチの地域は冬場でも外に干して全然洗濯物は乾きますし、室内干しをしないのでそもそも除湿器を使うことがなかったです。雨が続いてよっぽど洗濯物がたまった時などはコインランドリーに乾燥だけしに行きますし。

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 除湿量 5.5L DCE-6515

届いた箱の大きさを比較するために2リットルのペットボトルを置いてみました。

電気代が安いというのはシールなのではがせます。電気代は1時間当たり約5円なのでだいたいつけっぱなしにしています。

これが買うときのポイントの一つだったんですが部屋間の持ち運びをするために取っ手がついているタイプが欲しかったのです。

自動でスイングする機能はないので手動で風向きを決めます。2段階で調整できます。

高価格帯のモデルのように弱や強などの出力調整はできません。パーセンテージ設定にしておくとそのパーセンテージまで除湿し続けます。連続にしておくとずっと除湿し続けます。

背面はこんな感じです。吸気口と排水タンクがあります。

フィルターは外して掃除ができます。

タンク容量は約1.8リットル

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 除湿量 5.5L DCE-6515の特徴

  • 商品サイズ(cm):幅約29.0x奥行約19.0x高さ約47.7
  • 定格除湿能力※ 50Hz:5.5L/日、60Hz:6.5L/日※定格除湿機能力は、室温27℃、相対湿度60%を維持し続けたときの、1日(24時間)あたりの除湿量です
  • 除湿可能面積の目安:50Hz/木造:7畳(12m2)、 プレハブ:11畳(18m2)、鉄筋:14畳(23m2) 60Hz/木造:8畳(13m2)、 プレハブ:12畳(20m2)、鉄筋:16畳(26m2)※除湿可能面積の目安は、JEMA(日本電機工業会)規格に基づいた数値
  • タンク容量:約1.8L、コードの長さ:約1.8m
  • 本体重量(kg):9.3

アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 除湿量 5.5L DCE-6515を使った感想

夏場しか使わないので電気代が安く除湿能力が高いコンプレッサー方式を探していたので基本的には満足です。取っ手がついているので脱衣所や部屋、クローゼットの前など移動も楽です。

40%になるように除湿器をつけていると部屋の中がカラッとしていてすごく快適です。特に服と肌がサラサラしているのが本当に気持ちいい

音に関してはコンプレッサー式なのである程度はしますが、個人的にはあんまり気にならないです。少し大きめの扇風機くらいの音です。普通にタイマーでつけたまま寝てますし。

で、肝心のエアコンの湿度戻り対策としてどうなのかなんですがこれに関しては結構微妙です。エアコンの湿度戻りの記事に、エアコンの除湿を切った後80%くらいまで湿度が上がってしまうと書きましたが、アイリスオーヤマの除湿器をつけているとピークが60%くらいまでの上昇に抑えられる感じです。その後徐々に下がっていきます。

エアコンの除湿戻りのスピードの方が早いので除湿器の除湿が追いついていないのが原因です。正直ターボ機能がないのが痛い。でもターボ機能のためだけに買い直すのはもっと痛い

自分の中で許容範囲に収まってしまっただけになんだかもやっとする結果でした。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。この記事が役に立ったなと思ったらSNSでシェアしていただけるとうれしいです。